◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    『緊急速報メール』、受信できますか?

    ■2017年4月24日17時00分の記事です。

    昨日
    子ども達にいざという時の為にと、
    メールをしておいたのだけど、
    今度はこちら側も警戒せねばと、
    緊急速報メールについて確認してみることにした。

    この『緊急速報メール』というのは、
    すでに『緊急地震速報』で何度も経験しているが、

    気象庁が発表した防災気象情報のうち
    ■緊急地震速報(警報)
    ■大津波警報・津波警報
    ■気象等(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)に関する特別警報
    ■噴火に関する特別警報


    及び、
    地方公共団体による
    ◆災害・避難情報


    が契約している携帯電話事業者により無料で配信されるもの。

    ところが緊急地震速報は、
    10年前に運用され初めたし、
    緊急速報メールにいたっては、
    2012年から始まったもの。
    古い携帯電話を大事に使っている人には、
    受信自体出来ない機種だったりする。

    ●参考サイト:総務省:あなたの携帯電話は緊急速報メールを受信できますか?

    パートナーの携帯は、
    それほど古いものではないが、
    テレビも写らないので機能が少し劣る。

    緊急地震速報は受信できるのは確認しているが、
    その他の緊急速報メールについて確認してみた。
    (→『緊急速報メール』にプラスすること、
    『au』『ドコモ』『ソフトバンク』等のキーワードで検索すると、
    すぐにHPが出てくる♪)

    受信OK♪

    おお。
    案ずることなかれ。
    ノープロブレム。
    良かった良かった。
    (^ω^)

    ついでに自分のも確認してみる。


    受信不可。。


    ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!!

    受信できまんがな。。。(`Д ´;)

    しかーし、
    案ずるなかれ。(また?笑)
    地方公共団体で登録すれば、
    『防災情報メール』が無料
    (→ただし、受信に関わるパケット料金等の通信料は受信者負担)
    で配信されるし、
    また、ヤフーの防災情報でも同様となる。

    ・・・・。。。
    ただね~。。。
    今は大概どこでも防災無線が聞こえるし、
    私はほぼインドアなんで、
    すぐさまTVで情報を確認できる。
    尚且つ、毎週金曜日に送受信確認のためにと、
    週間天気予報が配信されるって。。
    (→埼玉県の場合)
    これもなんかめんどい。苦笑。

    それに、核弾頭のミサイルが発射されてから、
    Jアラートが鳴るまでに5分かかるという。
    そして日本には7分で着弾するというから、
    7-5=2

    2分で避難。


    『玄関開けたら2分でご飯』
    なんていうCMがあったが、
    そんな暢気なことを言っていられない。

    屋内の、ガラス窓のない部屋で、
    換気扇など外部と繋がっているものは、
    目張りをして遮断。

    核兵器による死の灰(放射性降下物質)の、
    半減期を待つ為に3~5週間屋内で待避。。。

    ったって、
    ライフラインずたずたで、
    どうやって三週間も水を確保できるんだよー!!
    すでに311で水源汚染で大騒ぎになったっしょ!!


    50年以上も前に、
    ハレー彗星が地球に接近し、
    『5分間だけ空気がなくなる』
    と言うまことしやかなデマが流れた。

    大金持ちはこぞってタイヤチューブなどを買いそろえたが、
    貧乏な村人達には叶うはずもなく、
    『みんなで一緒に死のう!』
    と手を取り合ってその時間が来るのを待った。

    そんな実話があったことを記憶している人は、
    もう少ないかもしれない。

    ふと、そんなことを思い出した。

    せめて、
    子ども達だけでも助かって欲しい。

    いや、
    あほたれ国家の最高責任者が、
    早くまともな頭になることを切に願う。

     
    関連記事