◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    手巻き寿司の海苔で口が。。(;ω;)エーンエーン

    パートナーと相談して、
    夜は簡単にとスーパ―で、
    久し振りに手巻き寿司を買って帰った。

    本当は突然かんぴょう巻きが食べたくなった故なのだが、
    結局、いなり寿司になってしまった。
    (→かんぴょう巻き、食べたいよ~~。)

    さて、いつものように手巻き寿司の包みを剥がし、
    くるっと巻いたぱりぱりの海苔に食らいついた。

    あれ?

    海苔が唇の内側の粘膜に貼り付いた。
    まるでガムテープでも貼ったように、
    びくともしない。

    口には手巻き寿司をくわえているので、
    声も出せないし、
    水も飲めない。

    とにかく歯で具を噛み切って、
    租借して飲み下した。

    その後、お茶を飲んだのだけど、
    結構ぴりぴりする。

    食後、鏡で確認したら、
    5~6ミリほど切れたようで血が滲んでた。。
    ノ乙(、ン、)

    唇と口の中の粘膜の境目あたりなので、
    下の門歯が触れて何かと痛む。

    しばらく痛みに耐えていたのだが、
    ふと気がついた。

    もしかしてこれ、

    服用している薬の副作用じゃないだろうか?


    転医する前のむかつく内科医から処方されていた薬は、
    『横紋筋融解症』が副作用としてあげられており、
    次回診察の際に訪ねたら、
    『なんともなかったでしょ?』と、
    結構無責任に言われ、
    内心腹が立った記憶がある。
    (→起こりうる副作用は伝えておいて欲しかったしね。)

    今度の内科医からの処方は大丈夫だろうと、
    この記事を作るにあたり調べてみたら、

    おんなじ副作用の可能性があったー!

    医師を信頼しているとこうも変わるものかい。
    (;^ω^A(;^ω^A(;^ω^A

    ・・・で、私の脳裏に浮かんだのは、
    この『横紋筋溶解症』ではなく、
    より恐ろしい『スティーブンスジョンソン症候群』だった。
    簡単に言うと、
    薬の副作用で皮膚がただれていくというもの。
    致死率も低くはなく、
    下手をすると失明してしまうという、
    難病にも指定された怖い症状でもある。

    『出血を伴うびらんを口粘膜に・・・』

    そのままやん!!

    たっ、多分、
    貼り付いた海苔に、
    粘膜の皮膚を持って行かれた故の、
    出血だと思う。。

    今までこんなことは経験したことがなかった。。。

    年取って口の中がドライアイならぬ、
    ドライマウスになったのかな。。。。

    o(;△;)o エーン

    ※ P.S.
    その後の展開はここで。

     
    関連記事