◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    詐欺まがいの『ファイナンシャルプランナー』。

    某銀行口座の定期預金。
    利率が低いので預けっぱなしにして置いた。
    (→5年ほど。(;^ω^A)

    自動継続だからいいんだけけども、
    さすがに記帳せねばと銀行へ行った。

    記帳だけなんだけど、
    ATMで使えるのかわからないので、
    ロビー案内のお姉さんに、
    『ほったらかしの定期の通帳記入したいんだけどー。』
    とちらっと通帳を見せたら、
    すぐに案内をしてくれた。

    ・・・でソファーに座って順番を待っていたら、
    3分くらいで、
    『こちらの方へ』と、
    パーティションで区切られたブースに案内された。

    こんなとこはいっちゃったら、
    記帳するのにめんどくさいでしょが。。。

    さらに待つこと数分。
    60過ぎくらいのおばちゃんが、
    書類の束を持って現れた。

    もらった名刺によると、
    『2級フィナンシャル・プランニング技能士』
    とある。

    通帳記帳だけなんだけどー!

    まぁ、普通預金に尋常じゃない金額を置いてあるんで、
    その運用の話だとはすぐにわかった。
    カモネギだよね~。苦笑。

    通帳記入したい旨を伝えたのだけど、
    すぐに、
    『普通預金に置いてあるお金の運用』
    の話を持ち出してきた。

    やっぱり。苦笑。

    京一。『いや、投資はしたくないんですよ。
         で、今、金利最低でしょ?』

    すると、
    プランナー女史『国債を買うんですよ。
              最低条件は補償されます。
              日本の国債は金利が最低ですけど、
              オーストラリアの国債は2.58%あります。』
    とリーフレットを持ち出して解説し始めた。

    米ドルは2.06%だが、
    豪ドルは2.28%だそうだ。
    (→でも、手数料とかいろいろさっ引かれて、
    この金額では手に入らない数字のマジック。
    こう言うの嫌い。苦笑。)

    で、オーストラリアは資源あり~の、
    なんとか(←忘れた。笑)あり~のの、
    安定した国なんだそうだ。

    プランナー女史『¥1,000万で、
              年に¥20万前後の定期支払金額が、
              10年間補償されて支払われます。』

    驚いたのが、
    通帳は渡していないのに、
    すでにこちらのデータから、
    資料をアウトプットしてあったこと。

    ともかく、元々の用件の通帳記入をして貰うことにした。

    プランナー女史が席を外している間に、
    置いてあるリーフレットに目を通した。

    『この商品は生命保険であり、
    預金とは異なります。』


    プランナー女史は、
    最初から保険とは、『一言も』言っていない。

    ほとんど詐欺まがい。

    5分ほどで帰ってきたので、
    京一。『これ、保険じゃないですか?』
    と問いただしたところ、
    プランナー女史『少し行き違いが出来たようですね。
              ご説明します。』
    とケロッとして解説を始めた。

    行き違いも何も、
    そっちは最初から資産運用の話してきたでしょが?
    こっちは『通帳記入』だけなのに。苦笑。


    もともと埼玉に越してきてから20年近く、
    この銀行を利用していることもあり、
    無下に扱うことも得策ではないだろうと、
    一応説明は聞いてやった。
    (↑腹立ったこともあり上から目線。笑)

    最後に、
    『この商品は後で検討して、
    なにかあったら、
    こちらからアクションしますから、
    電話セールスは止めてくださいね?
    うんざりしているんで。
    商品の案内なら郵送でお願いします。』
    と結構強く言って帰ってきた。

    もちろん、
    誰がこんなの買うか。笑


    某トランプ大統領のはちゃめちゃぶりに、
    今後の世界情勢がどう変わるかなんて、
    誰もわかる人は居ない。

    たとえ安全と言われる豪ドルだって、
    為替レートの下落によって、
    元本を大きく割る結果だって普通にあり得る。
    相続対策にもいいし、
    最低保障はされるし、
    配当金も¥20万位10年間でるしと、
    耳に優しいことばかり言うけど、
    ¥20万✕10年=¥200万
    を貰うために、
    元金が減ったらそれこそ元も子もない。

    銀行は手数料で稼ぐから、
    顧客が損しようが得しようが、
    自分の収益には一切関係ない。
    (人間関係は悪くなりそうだけどね?笑)

    素人が欲かくとロクな事は無いのは定説。
    その割にはプロの『フィナンシャル・プランナー』と、
    仰々しい肩書きを持っているくせに、
    まーーーーーったく顧客側の立場に立っていない。
    (→最初は保険会社の回し者かと思ったよ。)

    少しこの銀行に対する信頼度が落ちた。

    残念。

     
    関連記事