◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    空飛ぶ夢を見た。

    明け方だろうか。

    夢を見ていたのだけど、
    何故か起きてしまった。

    多分、
    休日なので寝坊しようと思っていたのだけど、
    いつもの習慣で6時頃に目が覚めたのだろう。

    ギリシャかどこかのような、
    白亜の壁?の二階建ての古い建物と椰子の木か?
    どこか南欧のリゾート地のような町並み。

    そこをまるでドローンのように俯瞰している自分がいた。

    そう、
    空を飛んでいるのだ。

    手が翼に変化しているか、
    背中に羽が生えているか、
    どちらだかはもう記憶も朧げだけど、
    力を溜めて、
    空気の抵抗をこらえるべく、
    翼を振り下ろして飛んでいる自分。

    過去、
    中学の頃に何度か空を飛ぶ夢を見た。

    当時はもう家庭がめちゃめちゃで、
    毎日死ぬことばかり考えていたっけか。
    (→それ以外のことも考えていたとは言えるが。)

    金縛りにも遭ったこともあるし、
    通常人なら見えない幻影のような実像も見えた。
    (→一例:
    枕元に丸めて置いた真っ赤なTシャツがまるで髑髏そのもの。
    母親を呼んで確認して貰ったら、
    『確かに骸骨に見える』と言われたほどの、
    クオリティーの高さ。苦笑。)

    毎日がストレス振り切れそうな子ども時代だった。

    そんな中で数回見た『空飛ぶ夢』は、
    たとえようのないほどの解放感、多幸感。
    一度見た後は三日間は気持ちが高揚するほどだった。

    もしかしたら限界近かった自分の脳みそが、
    敢えてそんな防御策を取ったのかもしれない。
    これ以上はもう今回は書かないけどね。

    『死ぬのはいつでも出来る』
    と言う経験を経て、
    『生きていて良かった』
    と思える今に繋がったし。

    目が覚めてしまって、
    慌てて、
    『もう一度見たい』
    『もう一度見たい』
    と半分寝ぼけ眼でまた寝付いたけど、
    二度と見ることはなかった。

    先週は結構ストレスが多かった。
    なんとか金曜には予定をこなしたけど、
    その余波で少しイライラしてた。

    だからかな。。

    誰かが、
    束の間の楽しい想い出を、
    味合わせてくれたのかな。。
    ( ¨)遠い目

     
    関連記事