◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    喧嘩に発展させないテクニック。

    おぼろげに考えていた家のリフォーム。

    最初は一昨年
    玄関ドアの鍵が堅くなったので、
    鍵の会社がもうなくなったことから、
    玄関ドア一式変えようと思ったのだけど、
    ま、もう少し鍵が使いにくくなってからと思って、
    伸ばし伸ばしになっていた。

    そのうちに、消費税も上がることだしと、
    来春暖かくなった頃にでも、
    玄関ドア一式とガタが来ているベランダを、
    取り替えて貰うことにして、
    なじみの業者に見積もりを取って貰うことにした。

    この業者は一昨年のリフォームフローリングの時も、
    頼んだ地元の業者で、
    自治会でも親父さんとも顔見知りの間柄。
    ホームセンターとは違い、
    そんなに安くはないけど、
    信頼感・安心感から買っている業者さんでもある。

    そのうちにインプラス(断熱二重窓)も、
    施工して貰うつもりでいたので、
    ついでに見積もって貰った。

    パートナーが、
    『そろそろ外壁塗装もしないと。。』
    と言うので、
    来春インプラス共々来春にでも~と思っていたら、
    『3月は塗装屋の手配が出来ないんですよ。』
    『1月でもできますよ。』
    と言う話になり、
    1月中頃に~と煮詰まってきた。

    そこで新聞に折り込まれたチラシに、
    『断熱リフォームでエコポイントがつく。』
    と書いてあるリフォーム広告を見つけたパートナー。
    『補助金金額に達成次第終了』
    『階段手すりも対象』
    とあって俄然年内にリフォームという話に進展した。

    結局、
    1:玄関ドア交換。
    2:リビングインプラス設置。
    3:階段手すり設置。
    4:バルコニー交換。
    5:外壁塗装。
    の5工事をすることになった。
    →多分見積もりは¥250万前後か。(;゜ロ゜)

    1はデザインから、
    工事内容もすでに打ち合わせ終了。
    2は色位しか選択の余地はなく、
    工事はもう業者にお任せ状態。
    (→だって、大工じゃないし。笑)
    4も色やデザインを選択し、
    メーカーから採寸に業者が来て、
    これもまた打ち合わせ完了。
    5は急に依頼したので、
    これから塗装のグレードなどの詳細打ち合わせ。

    ここで、一番毎日使用頻度が高く、
    使い勝手が大きく今後に影響する、
    階段手すりを昨日昼過ぎから、
    パートナーとメジャーを持って、
    あーでもない、
    こーでもないと検討していた。

    ほぼ意見も出尽くし、
    これで終了、と言うときに、
    パートナーが言った一言が、
    京一。の地雷を踏んだのだった。

    パー『壁紙貼るときに、
        (手すりの土台となる)下地を、
       入れておけば良かったね。』

    壁紙を貼り替えたのは、
    三年前のリフォームの時のこと。

    その時は階段の手すり設置が、
    数年後に訪れるとは思っていなかった。
    (→70才くらいになったら、
    考えなきゃとは漠然と思っていたけど。)

    京一。が嫌いな言葉の一つに、
    『あの時ああしておけば良かった。』
    と言う言葉がある。

    過去のことを悔やんでもどうしようもない。
    今後に生かしてこそ教訓となるだろうが、
    今更過去のことをなんだかんだと言っても、
    どうにもならないからだ。

    その時に一番いいと思うことをする。

    そんな思いで今まで生きてきた。
    だからこそ、
    その当時はいろいろと資料を集めたり、
    調べたりして、
    失敗がないようにと時間を費やすのだ。

    当時の京一。の不備を言われたようにも感じ、
    その後結局2時間ほど延々と話し合い。

    まさか、パートナーは、
    こんなに反撃されるとは思わなかったようで、
    単に話題提供的な意味で発言したと言うが、
    受け手の心理にまで頭が回らないところが、
    パートナーの欠点の一つであり、
    (お金に不自由なくのほほんと育ったからなのかもだけど。)
    そこら辺を含めてこちらも我慢していたことを、
    喧嘩にならないように気をつけて伝えた。

    ここら辺のテクニックが結構難しいのだ。

    こちらも感情的になっている意識はあるので、
    そこら辺も伝えつつ、
    パートナーの顔色をうかがい、
    お互いが不愉快などつぼに陥らないように、
    言葉の言い回しを加減しつつ、
    自分の気持ちを相手に伝えた。

    一応、パートナーも理解したようなので、
    一件落着となり、
    仲良く外食で夕飯を済ませ、
    帰宅後、業者の見積書を確認。
    (→お陰でドアの品番の間違いを発見!!)
    質問事項もいくつも書き留めた。

    じっくりと検討したお陰で時間もかかり、
    なんと風呂に入ったのは、
    真夜中0時を10分も過ぎた頃になってしまった。

    でも、嫌な気持ちを味合わされたのなら、
    そういうことが二度と起きないようにと、
    その時に一番いいと思うことをする。

    う~~ん、
    有言実行♪

    ま、長い夫婦生活。
    いろいろあら~な。

    苦笑。

     
    関連記事