◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    テリトリー外の予知は無理っぽい。苦笑。

    愛娘。に買ってやりたいものがあるのだが、
    唯一京一。が利用している通販のものなので、
    ポイントやらなにやらシステムを有効に使うには、
    頭を使う必要がある。

    昼休みにちゃちゃっと処理してしまおうと思ったのだけど、
    その前に、
    ちょっと調べなきゃならないことが出来た。

    某業界最大手の会社の、
    公式HPに書いてあることと、
    お客様サポートセンターの人の言うことが違うのだ。
    (→二人に確認。)
    昨夜調べた時はあったので、
    今日再度確認してみたら、
    公式HPではあったと思った文が見つからない。。

    金銭が関わることなので、
    もう一度確認の電話を入れたら、
    やっぱり三人目も同じように言われた。
    しょうがないのでその通りに処理。

    さてこれで漸く愛娘。の件だけになったので、
    夜にでも~と思っていた。

    ずっと先の関連サイトのページを開いて、
    ワードで書類を作っていたのだが、
    突然、ヤフートップページを開きたくなった。

    このときの気持ちは自分でもわからないけど。

    すると開いたヤフートップには、
    鳥取で震度6弱の地震が起きた旨の、
    速報が出ていた。

    すぐに岡山に身内がいるパートナーへ、
    メールしたのが14時12分。
    (→被災地じゃなくて関東だから、
    『輻輳(ふくそう)
    =安否確認などの通信が集中して、
    トラフィック(情報量)過多となり、
    通信不能状態になること』
    を引き起こす心配はない。
    →急用の必要のない、
    『地震合ったけど大丈夫~?』的な、
    災害地への興味本位のメール、電話は、
    本当に必要な被災者のために、
    厳に慎まなくてはならない
    。)

    PCだと30秒もかからないのだけど、
    携帯に打ち込むのは数分かかる京一。
    (;^ω^A

    その返事メールが来たのは、
    さらに5分遅い17分。
    アプリで入っている地震メールが、
    届いたらしいけど、
    埼玉は震度2だったそうだ。

    座ってPC作業をしていたのだけど、
    揺れは全く感じなかった。
    →震度2なら感じると思うけど。。

    テレビを付けてみたら、
    まるで熊本地震の時のように、
    全チャンネルが鳥取地震のニュースを放映していた。

    気がかりではあるが、
    遠く離れた埼玉では今は何も出来ない。
    せめて大きな被害が出ないことを祈っていたら、
    政府から委託を受けた特殊法人から、
    業務委託をされたという知らない会社から電話が来た。
    それも京一。ご指名。

    内容はここには書けないが、
    かな~り重要なことで、
    将来京一。の人生に大きく関わる事だった。
    ・・・(・∀・i)タラー・・・

    すぐにその対応をするべく外出して、
    無事にその案件は処理できたのだが、
    帰り道に気になることが頭から離れなかった。

    阪神大震災や東日本大震災では、
    予知のようなものがあった京一。
    (→つまりは京一。、もしくは家族が、
    災害で被害を受けないようにと、
    何かしらの行動を無意識に取ると言うこと。)

    でも、熊本地震の時は何も感じなかった。
    今回も然り。

    気になったのは、
    先も書いたように、
    突然ヤフートップを見たくなったと言うこと。

    履歴で時間を確認してみた。

    履歴。

    直後に自分のHPを確認したのは、
    管理人の性(サガ)。。。(;^ω^A

    鳥取地震発生時刻は、
    14時7分と言われている。

    さすがに関東圏内じゃないからなのか。
    埼玉は震度1で影響がないと思ったのか。
    京一。の予知能力もどきは、
    それほど警戒警報を出さなかった。

    ただ、
    ここ数日かなりいらついていたのは、
    様々な雑用に追われていただけではないと思う。
    →小さなシンクロニシティはいくつも発生してるし。

    そして何故こうして記事にしているかというと、
    未だにいらつき感、
    漠然とした不安感が消えない、

    からなのだ。

    本当に怖いのはこれからなのだろう。

    日本には↓こんなに素晴らしいサイトがある。
    ●参考サイト:J-SHIS 地震ハザードステーション

    左上に調べたい地域を入力し、
    マウスポインタを当ててクリックすると、
    左側に『確率論的地震動予測地図』として、
    『地点情報』が現れ、
    その右上の『カルテ』をクリックすると、
    さらに詳細な地点の診断結果が、
    グラフで表される。
    →これによると我が家は、
    30年経過後の震度5弱以上となる確率が、
    99.5%と出た。
    →東日本大震災の時も震度5弱。
    でも阪神大震災の時と比べたら、
    それほど大したことも無かった。
    →感覚的には震度4強くらいな感じ。
    →かといって全くその通りとは限らないので、
    警戒するに越したことはないけどね。
    怖||´・д・)コワィョォ・゚・


    『何が起こるかわからない不安』に駆られて、
    毎日をおどおどして過ごすなんてばからしい。
    無理のないできる限りの対策を楽しみながら、
    地震大国の日本で人生を謳歌していく。

    それが日本人の宿命なんだろうね。
    ( ¨)遠い目

     
    関連記事