◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    予知?シンクロニシティ??

    昨日、パートナーは送別会があるとかで、
    京一。は夜は一人で冷食をチンして済ませた。
    (→結構、冷凍スパのナポリタンはお気に入り♪)

    その後、一人っきりの自由を謳歌しながら、
    ひさしぶりにテレビ朝日の『ぶっちゃけ寺』を観てた。

    この番組は、
    パートナーと二人で結構気に入って居たのだが、
    最近は宗派別の仏教の考え方の違いを、
    面白く取り上げた当初の路線からはかけ離れ、
    観光地番組に成り下がってきているようで、
    あまり見ることもなくなっていた。

    他番組との3時間コラボとかで、
    (→最近大杉。苦笑。)
    たまたま特集を組んでいたのが、
    『細川ガラシャ』の話だった。

    不遇の女性という位しか知らなかったので、
    今回は結構ためになった。
    ( ̄ω ̄)(ーωー)( ̄ω ̄)(ーω-)ゥィゥィ♪

    その後、送別会の当人と一緒に、
    同じ電車で帰ってきたというパートナーが帰宅。
    (→終電がなくなるかと思った。(;^ω^A)
    夜も遅いので二人とも二階の寝室の布団に潜った。

    すぐに寝息を立てたパートナー。
    京一。はいつも寝る前に本を少し読む。

    最近は数年間積ん読状態だった、
    月刊誌を見ることにしている。

    毎月一冊届くのだが、
    一人の偉人の話を解説しているコラムがある。
    これが結構知らない人を取り上げているのだ。
    超有名企業の奥方とか、
    オリンピック選手だとか、
    生き様を解説してあるのでなかなか面白い。
    (→面白くない人というか、
    興味のない分野の人はスルーだけど。(^^;ゞ)

    数年間読む気力も暇もなかったので、
    その数は2~30冊は溜まっているだろうか。
    読み切ったら処分することにしているので、
    その時の断捨離感が溜まらなかったりする。笑

    そこで、積んである雑誌の中から、
    適当に一冊引っ張り出した。
    枕を抱えて、
    いざ該当の偉人伝のページを広げた。

    そのタイトルを見た瞬間に、
    一瞬なんとも言えない感覚が、
    背筋をよぎった。


    細川ガラシャの記事。

    沢山積んである雑誌の中から、
    アトランダムに引き抜いただけなのに、
    なぜ?

    数分、記事の内容が頭に入らなかった。

    内容は、映像で解説していたぶっちゃけ寺の方が、
    わかりやすかったが、
    文字で丁寧に読むのもまた、
    映像とは違う感覚を受けるものである。
    テレビでは『ガラシャ』と呼ばれていたが、
    文中では『玉』と書かれている。
    (→『ガラシャ』はあくまで洗礼名。)

    ずっと気にはしていたものの、
    きちんとしたガラシャの人生については、
    ほとんど知らなかった。

    だから、
    『せっかく記事になっているのだから、
    読んでね♪』
    とでも言いたかったのかな?

    昔は女性は政略結婚とか人質とか、
    自分の意思で思うようには生きることが許されなかった。
    本当に理不尽な思いをかみ殺して、
    毎日を過ごしていたのだろうね。
    その時代から少しずつ少しずつ、
    女性は地位向上を目指して、
    漸く今の状態にまでこぎ着けたんだろうね。

    文章の最後は、
    ガラシャの命日の記述で終わっていた。

     
    関連記事