◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    やっぱり予知能力。

    小さな頃から予知的な事が沢山遭った。

    ここ最近はネットで、
    『シンクロニシティ(=意味のある偶然の一致)』
    と言う言葉がある事を知り、
    ずっと思っていた『予知能力もどき』ではなく、
    『シンクロニシティ』と言うものなのだろうと思うようになっていた。

    PCで打ち込んでいる文字が、
    パートナーが見ているテレビの画面から、
    かぶるように同時に流れてくるなんて、
    もう、数えるのが面倒なくらい、
    毎日のようにあるからだ。

    なるべく意識しないようにしているので、
    他にもいくつもあるとは思うけどね。

    先月、
    ネットで↓こんな催し物があると言って、
    パートナーが申し込みをしていた。

    はじめてのオーケストラ。

    はじめてのオーケストラ。

    『わくわく発見!
     はじめてのオーケストラ』と言って、
    オーケストラの演奏などを楽しく学べる、
    体験型コンサートだと言う。

    子どもが小さい頃から、
    市町村のイベントなどで、
    無料~安価な料金で音楽を聴きに行ったものだった。

    子どもが巣立ってからも、
    折を見ては音楽鑑賞していたが、
    昨年目の障害を発症してからは、
    人が多く集まるところに出かけることに、
    何か躊躇するようになってしまっていた。

    そんな私を見て、
    パートナーが応募したのかもしれない。
    (→考えすぎな気もするけど。笑)

    当選=チケット郵送なのは書いてあるけど、
    いつ頃発送するのか書いていない。

    京一。『オーケストラのヤツ、
         当選したのかなぁ?
         メール来ない?』

    パートナーに言った。
    すると自分のPCでなにやら調べていたパートナーは、
    メールチェックをした。

    パー『メール来てた!

    京一。『*\(^o^)/*ヤッター♪』

    メールが届いた事の予知がはたらいたのかな?

    ・・・ってか、
    それより当たった事の方がちょっと嬉しい驚きかも。
    (〃^ー^〃)


    そういや、
    子ども達がまだ幼稚園くらいの頃、
    市の格安短期スイミング教室に応募して、
    確か20人位の募集だった覚えがあるが、
    毎回当選するので、
    よっぽど応募が少ないのかと思ってたら、
    『とんでもない。
     応募葉書が1m位の高さまで来ますよ!』
    と言われてビックリしたことがあったっけ。

    古くなった室内25mプールカバーを廃棄するからだろうか。
    子ども達を水面に張ったプールカバーの上を歩かせるという、
    大人でも経験したことのないイベントがあった。

    『水の上を歩こう!』
    なんてあり得ないシチュエーションに、
    息子がとっても嬉しそうに25mを全力で駆け抜けていた。
    →カバーが破けてずぼずぼ水面に落ちる子も沢山でたっけ。
    息子の笑顔が未だに忘れられない。

    今ではもう遠い遠い想い出だね。
    ( ¨)遠い目

     
    関連記事