◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    こころのゆとりが生まれた日。

    三連休の中日。  
    ディーラーで楽しんだ昨日も今日も、
    天気は曇り空で死ぬほどの暑さでも無い。
    夕方、涼しくなってからの買い物までの間、
    パートナーと1階のリビングで過ごしていた。

    もっとも大人二人がリビングにいるので、
    13畳とはいえ室温も上がるので、
    エアコンを入れて気持ちのいい温度に設定した。

    二人でリビングのテーブルに対面に座り、
    それぞれノートパソコンを広げている。
    PCで調べ物をしたり、書類の整理をしたりと、
    静かな時間が流れていった。。
    (なんか小説のワンシーンみたいな書き方に。笑)

    BGMがわり&天気予報かニュースを聞きたくて、
    テレビをつけていたのだけど、
    ただうるさいだけなので消してしまった。

    お互いに用事をこなしているので、
    会話は無い。

    なんだか音楽が欲しいなと思った。

    一昨年のリビングのリフォームを機会に、
    テレビ台の中に収納したCDコンポ。
    スピーカーは見た目がうるさくないようにと、
    テレビの後ろ側に綺麗に納めた。
    それ以来、ずっとしまいっぱなしになっていた。

    久し振りに何か音楽を聞いてみたくなった。

    電源プラグは節電タップに差し込んだまま、
    ずっとスイッチをオフにしてあった。
    リモコンの中には珍しく単3電池が入れっぱなし。
    →いつもなら絶縁シートを必ずカマしておくか、
    液漏れを警戒して外しちゃっておくのにね。

    京一。『何か聞く?』

    すると同じように感じていたのだろうか?
    パートナーが即答した。

    パー『2階にしまってあるCD持ってくる!』

    二年前のリフォーム以来、
    段ボールにしまい込まれていたCDその他一式が、
    10分ほどで愛娘。の部屋から復活した。
    冷房の効いているリビングとは違い、
    2階の一番日当たりのいい愛娘。の部屋の作業は、
    例え数分でも暑かったろうにと労ったら、
    パー『うん。ちょっと暑かったけど大丈夫。(^^)』
    と機嫌のいい返事が返ってきた。


    懐かしいCD達。

    CDラックをぞうきんで拭き上げ、
    CDケースを一枚一枚丁寧に埃をぬぐった。

    CDコンボにはMDデッキも搭載してあるので、
    新品のMDが一包み同梱。
    →うーん。。今の時代、使いようが無い気が。。(;^ω^A

    小さいサイズのCD(8センチCD)は、
    何かのおまけについていたものだが、
    『島唄』とか『まちぶせ』とか、
    結構好きな曲が収録されているもの。

    それらをまとめて放り込んでおいたのは、
    今はもう過去の遺物となった、
    VHSビデオテープのハードケース。
    記念に取っておいたもの。

    早速お気に入りの曲を掛ける。

    最近Y!mobileのCMで何度も耳にする、
    ボーイズ・タウン・ギャングの、
    『君の瞳に恋してる(CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU)』
    である。
    やっぱ、邦題のタイトルが抜群に素晴らしい。

    1967年にリリースされて、
    すでにもう半世紀近く経っているというのに、
    色あせない、
    いや、この曲を聞くと元気が湧き出てくる名曲。

    パートナーに断って、
    この曲を掛けた。

    リフォーム以来二年間、
    CDを掛けたことが無かった。

    それだけ、
    気持ちにゆとりが無かったと言うこと何だろうね。
    いろいろと他人に振り回されて来た過去。
    昨年は、さらに失明の危険のある目の病気になったことが、
    結構な衝撃だった。
    一年経って、
    漸く自分のことを大切に出来る時間が生まれたのだろうな。

    少しずつ、
    こんな時間が増えていくといいな。
    増えていくようにしたいな。
    ( ¨)遠い目
     



     
    関連記事