◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    電話で問い合わせをする時には。

    久しぶりにエボすけを駆って、
    幸手の権現堂桜堤に夫婦でドライブ。

    穏やかな日の光を全身に浴びて、
    体も心も本当に解放されたひとときを過ごした。

    んで、帰宅後、
    それぞれ予定の事をしようとしていたのだが、
    パートナーに任せていた事で、
    ちょっと疑問が噴出。

    そもそも、最初の段階で、
    ネットで調べてみたら、
    先に申請してしておかないと、
    非常に損すると言う事がわかった。

    パートナーはそれを調べておかなかったので、
    危ないところだったので感謝された。

    で、後は任せておいた訳だが、
    それ以上調べなかったらしく、
    結局少し損をすることになってしまったのだった。

    しょうがないので大元の窓口に相談することにしたのが、
    既に終了時間の21:00まであと二時間を切った頃。
    同じような業界の問い合わせ窓口は、
    電話がオペレーターに繋がるのに10~30分かかるので、
    帰宅後、数時間ゴロゴロしていた時間が悔やまれる。
    (→もちろん、京一。が。苦笑。)

    ところが、すぐさま電話が繋がり、
    ちょっとびっくりしていた。
    パートナーは質問事項を終えて電話を切りそうになったので、
    『担当者の名前』と書いたメモを差し出して記録させた。
    (→後で言った言わないとかの際に少しでも助けになるから。)

    その後、電話を切った後で確認したら、
    聞き忘れたことがあったと判明。苦笑。
    そこで、京一。方式を伝授した。

    電話で問い合わせをする際の注意事項

    1:担当者の名前・部署を確認しておく。
    2:質問することを箇条書きにして紙に書いておく。
    3:それぞれの回答は確認したのち、
      同質問の後に記録しておく。


    A4のチラシの裏に、
    ざざーっと質問事項を書いてパートナーに手渡し、
    それを見てパートナーは窓口と応対していた。

    こちらはこちらでやることがあるために、
    頭がいらついてきたし、
    自分が質問した方が早い気もするのだけど、
    パートナーに任せたのだから、
    最後までやってもらわないと、
    結局いつも京一。が尻拭いをすることになり、
    最終的には京一。には負担だし、
    パートナーにも成長が望めない。
    (→ここら辺、子育てとおんなじだね。┐( -"-)┌ヤレヤレ...)

    さらにもう一つ質問したいことができ、
    21時まであと15分と言う状況で、
    何とか繋がって解決することができた。

    なにかあるとネット検索して、
    評判から対処法から問題点から調べあげて、
    事に当たる京一。と、
    すぐさま行動するパートナー。

    前からそう言う差異に伴ういろいろな事はあったが、
    お互いが上手くフォローし合って、
    大きなトラブルになることも無く、
    いつもこんな具合で何とか収まっている。

    ・・・って、
    やっぱ、
    京一。の方が結構負担が大きいよねぇ。。。

    今日はのんびりできるはずだったのに、
    〆が結構きつかった。。。
    _ノ乙(、ン、)_

     
    関連記事