◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    内科診察。- その?(緊急) -

    昨日の件があったので、
    本来の診察日ではないのだけど
    (いつも火曜日の午前って決めてるから)、
    院長の診察時間にとN内科に行った。
    診察は15時からなのだけど、
    いつもめちゃめちゃ混んでいるので、
    早めに出かけた。

    ◆到着◆14:14
    午後は初めてなのでどんなもんかと思っていたが、
    すでに7人待ち。殆どじっちゃんばっちゃん。
    後から来たおばあちゃんから、
    『ここの先生、どんな感じ?』
    と聞かれたので、
    『う~ん。。。なんか、そっけないですね。』
    とややオブラートに包んだ感想を述べたら、
    『やっぱり。。そんな話を聞いてるわ。』
    との事。
    なるほど。
    下馬評ゲット。笑

    ◆開院◆14:25

    エボすけの番号♪

    こころなしかエボすけが、
    『大丈夫。悪い結果は出ないよ。(^-^)』
    って応援してくれているようで、
    こころの中が暖かくなった。

    だって、この偶然なんだもん。

    ◆血圧測定◆15:45
    140?/96?mmHg←メモするの忘れた。
    診察室血圧だから高めに出るのは当然っちゃ当然。
    →『白衣高血圧』だと思うし。

    14時30分に受付に診察券を提出して、
    ほぼ1時間15分待ってやっと血圧測定。
    15時診察開始としても45分待ち。

    ◆診察◆16:05
    昨日の件を話したのだけど、
    何か不機嫌な感じの院長。
    →いつも不機嫌そうなので、
    こちらが気を使う。
    →そういう関係ってなんかおかしいと思う。
    病院に訪れていると言う時点で、
    既にこちらは弱者(ダメージを負っているという意味)。
    最上級の接客態度をとれなんて言わない。
    せめて患者が安心できるような空間をつくるのが、
    医者の本来のあり方じゃないのかい。苦笑。

    狭心症じゃないかと騒いだお陰で、
    心電図を取ることになった。

    ◆心電図測定◆16:10

    ◆心電図再測定◆16:20


    何かミスがあったのか再度測定し直し。

    測定中に地震がきたらどう逃げればいいのだろうか。
    胸に電極を一杯貼り付けた状態でダッシュしたら、
    胸の皮膚が引きちぎれるかもだし、
    それ以前に高価な心電図計測器をぶっ壊すことは必至。

    で、看護師さんが外しに来た時に、
    ポッチ(電極)の外し方を聞いたら笑ってた。笑
    →やっぱり思ったように、
    ゴム球のゴムを押して陰圧にして吸着させてるっぽい。
    →と言う事は危急の際はコード引っ張れば、
    ちと罰ゲームみたいだけどすぐに外れると言う訳ね?笑


    ◆診察◆16:40

    心電図の波形には特に問題も無く、
    『過呼吸じゃないんですかぁ~?』
    見たいな返答。
    なら呼吸器内科なんだから、
    何かアドバイスとかできるのじゃないかと思うのに、
    それもなし。
    出さなきゃ血圧手帳も確認しないし、
    医者に通っていると言うより、
    スーパーかどっかの、
    『特設健康診断』に来ている様な気がする。苦笑。

    ◆会計◆17:15
    ◆予約◆17:20

    心臓エコー検査をして見ることにしたので、
    予約を取った。

    院長曰く、
    『心エコーで心筋梗塞だとか狭心症だとかは、
    わかりませんよ。』
    ・・・ならなんで検査受けさせるんだよ。。。ヽ(`ロ´#)ノ ムカ!

    自分が医者だったら、
    突然の発作が起きておびえている患者に対して、
    『今の状態から見て、
    昨日の件は心筋梗塞の症状とは思えません。
    また、狭心症と言う診断も、
    過負荷心電図や24時間装着のホルター心電図など、
    検査をしてみないとわかりません。
    まずは心臓エコー検査をしてみて、
    心臓の動きや大きさを確認して、
    それから次の検査に行くか考えてみましょう。』
    と優しく話すけどな。

    ああっ!

    京一。先生っ!

    自分で自分の主治医になりたいっ!!!(≧▽≦)

    ◆薬局◆17:50出

    すぐ近くにある院外薬局なのだが、
    ここはとても明るくて全ての薬剤師が優しい
    &懇切丁寧に説明してくれる。

    今回、発作時用にとデパスが処方された。
    これって目一杯『抗不安薬』。
    つまり『精神安定剤』。
    →『向精神薬』。

    一番恐れていた『精神病お墨付き』になった気がした。

    (;ω;)エーンエーン

    かなりがっかりしたが、
    薬剤師のおにーちゃんが優しく教えてくれて、
    少し気持ちが落ち着いた。
    →そっちの方が薬よかよっぽどいいや。
    『自律神経を安定させる効果』があるらしい。
    ( ゚Д゚)ノ凸ヘーボタン。

    多分似たような不安を持つ患者が多いんだろうね。
    →『デパス処方』⇒『精神病ですか!』みたいな。

    でも、発作時に服用したって注射じゃないんだから、
    胃の中で溶解されて吸収されて血液に溶け込んで、、、
    なんていう間に発作は治まるにきまってるじゃん。

    『この薬を持っていると言うだけでも落ち着きますから。(^-^)』

    そうほほ笑んでくれた薬局のおにーちゃん。
    たしかにあの発作が起きると思うと恐怖だもんな。
    これからは常備するようにしよう。

    最後の薬局が気持ち良く終わるので何とか通っているけど、
    なんか内科は変えたいかも。
    ↑地元では評判が良かったのでここにしたんだけどね~。

    都合、待ち時間含めて14:15分からとすると、
    17:50に薬局を出たとして、
    3時間35分、医者関連に時間を取られたことになる。
    内科のみに限定すれば、15:00~17:20だから、
    2時間20分だけど。
    そのほとんどが 待ち時間。

    K大学病院では、
    『地域医療連携』『かかりつけ医』を推奨しており、
    『待ち時間の短縮』『すぐにかかることができる』
    をメリットに上げているけど、
    K大学病院の方がよっぽど待たない。苦笑。
    なんで町医者でこんなに待たされるかな~。。

    歯科医の選択の時も感じた様に、
    人の評判なんて当てにならないなとつくづく感じた。
    ドクターショッピングはするつもりはないけど、
    血圧管理って年単位の長丁場の治療なんだから、
    こころから任せられるような医者を探した方がいいな。


    帰宅した時はもうとっぷりと日は暮れていた。

    エボすけ♪

    玄関ドアを開けて振り返ったら、
    エボすけが慰めてくれた。

     
    関連記事