◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    『霊能者』の子孫だった。。。

    夜、香典袋を送った従姉から、
    電話がかかってきた。

    重ねて法事に出席できない旨を詫びたのだが、
    体調を案じてくれていたので、
    京一。『実は香典袋を手に取った時に、
        狭心症の様な症状が起きた。』
    と言ったら、
    従姉は声をひそめて、
    従姉『母が呼んだのよ。
       今、仏壇が前にあるから、
       大事にしてくれた京ちゃんを呼ぶのは止めてねって、 
       お線香あげておく!』
    と真面目な声で返事が来た。

    いや実際、香典袋をつかんだ瞬間に胸が苦しくなった時、
    『叔母さんが呼んだ?』
    という考えが脳裏をよぎった。

    もっとも感受性の鋭い京一。のこと、
    香典袋がダメージを引き起こしたのかなと、
    思いなおしたんだけどさ。
    (→『香典袋』=『叔母さんの死の象徴』と言う感じで、
    精神的にショックがフラッシュバック的な。)

    さらに話を聞いてみると、
    父の育ての母である祖母は、
    実は『霊能者』だったという新事実を聞いた。
    (→父と叔母の父親は早くに亡くなり(?)、
    母親は子どもを捨てて家を出て再婚。
    父方(?)の祖母が親代わりとなっていた。)

    え゛?

    そんな話は初めて聞いた。
    私の母はあくまで父の妻だから、
    父の親の話は良く知らなくて当然。

    しかし、叔母さんは自分の育ての親のことだから、
    娘である従姉によく話していたのだろう。

    従姉『7メートルくらいある廊下を正座したまま、
       すーっと浮かんで移動したんだって。』

    ソ、ソレッテ。。。(゚▽゚;ノ)ノ

    京一。自身何度も書いているように、
    予知能力もどきがあるし、
    シンクロニシティも書くのが面倒なので最近は書かないけど、
    多分2日に一回くらい起きている。

    阪神大震災も東日本大震災も、
    予知的な行動をした。

    お陰で被害が最小限で済んだし、
    命よりも大切な愛娘。とエボすけを、
    多分考えられる限り一番安全な場所へ、
    連れていけた。

    母方が、母も祖母も人魂を見たと言うし、
    とても神経質なタイプなので、
    母譲りだとばっかり思っていたけど、
    父方もそう言う血筋だったのか。。。

    どうりで人のこころの中の事について、
    子どもの頃から辛い思いをしたり苦しんできた。

    まだ小学校に上がる前から、
    『物の言葉』がテレパシーのように聞こえてたし、
    記事にもしたけど予知的なことも頻発してた。

    未だに小さな予知は意識しなければ、
    しょっちゅう起きている。
    →意識すると外れちゃう。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

    そうか、
    そういうことだったのか。。

    続けて従姉に、
    『京ちゃんはいつも明るくて元気なそぶりをしているけど、
    もっと我儘でいいのよ。無理をしちゃダメ。』
    とも言われた。


    いつの頃からかな。
    そう言う風に自分を改造したのは。

    物凄く根暗でネガティブで奥手な自分を、
    何とか作り上げていったんだよね。

    だって、そのままじゃあまりに悲しすぎるし。

    悲惨な子ども時代だったからって、
    リアルじゃ誰にも言ったことはない。

    お陰で『幸せいっぱいに育った人』的に見えるらしく、
    いじめも受けたっけか。( ¨)遠い目

    皆『自分が一番不幸』って思うし、
    思いたがる。

    もっともっと不幸な人がいることに気がつかないし、
    気がつこうともしない。

    それは自分がその不幸のせいで、
    進化することができなかったいい訳ができるから。

    努力しない理由付けができるからに他ならない。
    そしてその結果、
    幸せな人をうらやみ嫉妬し、
    隙あらば引きずり降ろそうとする、
    唾棄すべき人種になりさがるのだ。

    隣の芝生は青く見える物。
    何もしないで幸せは手にすることなんかできるもんか。

    軽量特殊チタン製のモビルスーツだって、
    着ていりゃその内に肌になじんでくるもの。

    悲しい時だって無理して笑顔を作っていれば、
    その内にこころだって上向きになるさ。

    精神をおかしくする程の我慢は毒だけど、
    我慢を我慢と思わないように、
    思考の転換をすることが、
    このストレスフルな世界を生き抜く知恵。

    いつも笑顔を忘れない。

    そう、
    過ぎ去った時間は二度と戻らないのだから。

     
    関連記事