◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    ポジティブシンキング、かな?

    いつもの『ぶらり途中下車の旅』を見た後、
    パートナーは歯医者へ行った。

    午後からお中元の品物を買いに、
    デパートへ行く予定なので、
    用意をしておこうかな?
    (→と言うか、パジャマを着替えるんだけど。笑)
    と思っていたら、
    テレビ画面はそのまま何やらドキュメンタリー映像に変わった。

    『Cancer gift がんって、不幸ですか?』
    と言う番組で、
    日本テレビに入社して3年、
    24歳の時に乳癌がわかった鈴木美穂さんの、
    生々しい感情の移り変わりを克明に映し、、
    と思っていたらいつの間にかに、
    19歳で2キロもある肝臓癌が発見され、
    その後二桁に及ぶ手術を受け、
    今なお元気にポジティブに走り回っている、
    山下弘子さんの話へと移って行った。

    若いのに凄いな~と言う素直な感想。
    あと、
    やっぱ家庭的に恵まれていたのでは?
    といううがった見方もあった。
    →前述の鈴木さんの、
    『恵まれ過ぎていて罰が当たった。』
    と言う言葉にそう思った。

    ただ、
    やっぱりこれからという若い時に、
    終止符を予言する様な病にかかることは、
    本当に辛いことだろうなと思う。

    振り返って見て、
    私はとても『痛み』に対して敏感で、
    肉体的精神的痛みに非常に耐性が無い。
    →だからこそ医療知識を豊富に取りこんで、
    いち早く治療に専念するのだよ。
    (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

    今回の網膜の眼底出血の件も、
    痛みは伴わない。
    (→だから発見が遅れてまずいこともあるんだけどね。)

    視野が欠損してなおかつ激痛!
    なんてもう踏んだり蹴ったり。

    加齢に伴う様々な体の不具合が、
    今後ますます増えていく事だろう。

    その手始めに今回の病気があったのかもしれない。

    で、
    例によって父が『痛みの無い』ケースを、
    ・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。。。。

    うーん、我が子にそんなことするわけ無いな。
    たぶん、神様だろう。うん。
    ( ̄^ ̄)

    縄文時代ならとうに寿命の年齢。
    歳喰った埼玉の美中年なんて、
    想像できるか!

    佳人薄命!

    わーーーーーー!!!

    とりあえず、
    着替えよう。うん。(;^ω^A

     
    関連記事