◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    選挙が近くなると。。。笑

    選挙が近くなるとなにかと周囲がうるさくなる。

    先日の事だった。
    『ピンポーン♪』とインターホンが鳴ったので、
    モニターをみると新自治会長さん。
    新自治会長『○○です。』
    と言うので何かまた相談かと思い、
    すぐさま応対に玄関へ行った。

    するとなんと市議会議員立候補者が、
    新自治会長&その息子氏とともに立っていた。
    もちろん、新自治会長をダシにしての選挙運動。

    京一。が近所のよしみで、
    新自治会長が会長になる前から、
    いろいろな面でアドバイスしてきた上での行為。

    こういうことをするかぁ。。
    なるほど。

    でも立候補者の選挙運動の戸別訪問は、
    公職選挙法で禁止。
    →多分『選挙運動ではない。ご挨拶に伺った。』だ~の、
    『戸別訪問ではない、個別訪問だ。』だ~の、
    いわゆる『逃げ道』装備での活動なんだろうね。
    →そう言う姑息な手段を取ること自体、
    党の信頼性を失墜するってことがわからない、
    アホたれ候補者&党だって、
    それこそ公示している様なものなのになぁ。
    →それにしても暇なんだね。┐(´д`)┌ ヤレヤレ
    自分が議員立候補なんて立ったら、
    もうやること考えること山積状態で、
    そんな暇は欲しくてもできないと思う。

    しかしな。
    自治会長になった途端に大っぴらに勧誘か。

    自分も子ども会会長やらPTA会長やら、
    何とか青少年健全育成やら、
    二学期制なんちゃらやら、
    あとなんだっけ?
    薬物乱用防止指導者?
    肩書きなら覚えきれない程あるよ。笑

    でも、それを笠に着て自分の利益を求めちゃいけない。
    それはもう自身のプライドに関わること。

    例え公職選挙法で、
    『自治会長の選挙運動』に対しての規制が無いとしても、
    『やってはいけない』と言う意識が働かないという時点で、
    既に危険思想を持っていると思われても当然。
    →あとで同じ宗教団体の上部の人に忠告しておいた。
    →さすがこの人も沢山の団体のトップを経験しているだけあり、
    私の言わんとすることを理解してくれた。

    で、その新自治会長さんがさっきピンポンしたんだけど、
    また選挙運動かなと居留守しちゃった。笑
    →パジャマだったこともあるけどね。
    →でも、後でここの件じゃないかなと。(;^ω^A

    どっちにしろ、
    連れてきた立候補者。
    ぜーんぜん京一。と太刀打ちできないレベル。
    『なにか市に対してご意見がございますでしょうか。』
    とのたもうので後手後手の市の態度をガンガン意見しまくってたら、
    笑顔がひきつってた。笑
    →そばの息子氏がうんうんとうなずいていたので、
    少なくとも何かしら市の政策に我が意見が関与する事を望む。

    明けてさっき。
    選挙演説カーのスピーカーの音が、
    二連休(京一。の家のみだけど。笑)の、
    朝の住宅地のしじまをつんざいた。

    『後ろから、
    大きな声で、
    ごめんなさい。』


    ほほぅ。
    サラリーマン川柳か。(違;)

    なんか言葉使いが違わないか?

    100歩譲って、
    『後ろから大きな声で失礼いたします。』
    じゃないでしょーか?

    その他いろいろとあり、
    当市の議員のレベルの低さに辟易。

    かと言って立候補なんて死んでも致しません。
    当選確実と言われたけどね~。笑

     
    関連記事