◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    末尾に『にょ』って!!

    長い事いくつかの心理系の相談サイトで、
    回答者として人気を得ていた京一。
    (→ボランティアだったのとリアルが忙しくなったので、
      もう手を引いてから何年も経つけど。)

    リアルと違ってネットでは、
    たったひとつの言葉がどれだけ相手を傷つけるか、
    と言う事を痛い程知っている。

    リアルでは、仲よしのメンバーに笑いながら、
    『ったく、馬鹿なんだから。』
    と言っても先ず揉め事にはならないが、
    テキストのみのネットでは、
    『ったく、馬鹿なんだから。』
    と全く同じ文字であっても、
    受け手の心理状態によっては亀裂を生じる。

    たとえ『笑』と言う文字を足したとしても、
    逆に『嘲笑』と見る向きもいる。

    そこで、我が子というか愛娘。限定だが、
    末尾に『にょ』と言う言葉を付け加えて、
    当たりを柔らかくすることを考え出した。

    とくに同じ屋根の下で生活を共にしなくなって、
    メールのみが唯一の通信手段となってから、
    その真価が発揮されている。

    『全然メールの返事が来ない。
    いつになったら返事が来る?
    そんなに忙しい?』


    と言うと残業できつい毎日を送っている当人は、
    詰問されているように感じ、
    多分とてもダメージを受けると思う。

    そこで末尾に『にょ』を付け加えると、

    『全然メールの返事が来ないにょ
    いつになったら返事が来る
    にょ
    そんなに忙しい
    にょ?』


    とうって変わった軟らかいニュアンスになるのだ。
    これに顔文字(『(´・ω・`)』とか)でも加えたら、
    親の心配のみが伝わる文面となる。

    こんな風に気を使うのは愛娘。のみ。
    そう、京一。譲りの繊細な精神を持つ、
    クリエイター(→プレデターではない。)であるデザイナーだし、
    京一。の事をとても気にかけてくれる、
    唯一無二の大切な娘だからこそなのだ。
    (→須藤家跡取りの息子。とは普通のメールのやりとり。笑)

    また、本当に怒っている、心配している時は、
    末尾の『にょ』をつけないことで、
    どれだけ親が気にかけているかを表現できるという、
    さらなる効果も含まれるのだ。

    ただ、愛娘。に依頼したビジネス関係のメールでも、
    つい癖で末尾に『にょ』をつけていたために、
    愛娘。が会社に提出する記録には、
    全て『にょ』を削除するという仕事が増えたとこぼしてた。(≧▽≦)

    なにを言いたいかと言うと、

    『にょ』は京一。の特許だぁ!

    ・・・違ったの? (;^ω^A

    某東北のデミオ乗り君なら知ってると思うけど、
    あの時よりもっと前から一般的だったのかな~?

    今日、
    神奈川のゆるゆるさんの所で、
    この文字を見つけてびっくりして記事にしたという訳である。


    ま、ともかく似たようなケースとして、
    『夜路四駆』と言う言葉。
    これは京一。がパイオニア。

    20年近く前、当時は暴走族が使っていた『夜露死苦』が嫌いで、
    四駆のランエボを駆使する『須藤京一』のHNを使い始めたことから、
    『夜路四駆』を編み出した京一。
    あちらこちらのサイトさんに訪問した際に残してきた。

    その当時、検索してもヒットされず、
    逆に『夜露死苦』しか表示されていなかった。
    →これは当時、愛娘。と確認したんだよね。

    で、その後爆発的に増え、
    今では178,000件もヒットするありさま。

    あ゛~、今にして思う。
    商標登録でもしていりゃ、
    今頃左うちわの右ランボ。(違;

    上手くいかないものだなぁ。。
    ( ¨)遠い目

     
    関連記事
    |    |