◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    ちょと待てちょと待てお兄さん!

    ■2015年2月22日15時00分の記事です。

    美味しいつけ麺で、
    はあとも胃袋も満足したので、
    本日のメインイベントである某所へと、
    エボすけを回した。

    まえまえから困っていた現象があり、
    それについての回避策を考えていたのだが、
    昨年の12月に店に電話をしたところ、
    今月一杯予約は(タイヤ交換に追われてて)無理と言われたので、
    2月の今頃なら手も空いているだろうと思ったのだ。

    案の定、電話をしたところ今は閑散期とのことで、
    一応時間を予約しておいた。

    内容は12月にも電話した時に聞いていたのだが、
    1)とても簡単な作業なので多分15分もかからない。
    2)予約もいらない位だが一応入れておいた方がいいだろう。
    3)費用もたぶんお金は頂かないで済むと思う。
    と同じだったので電話で名前を聞いておいてから、
    時間を予約しておいたのだ。

    さて、実は30分も早く着いてしまったのだが、
    ピットも空いているので受付に申し出ておいた。

    京一。『朝、電話しておいた須藤です。
         ちょっと早めに来ちゃったんですが、
         これ鍵、渡しときますね。』
    受付『はい。お預かりします。』

    その場を離れてしばらくしてからふと思った。

    うちの車なんだか知ってるのか?

    朝電話した時はランエボだ位しか、
    伝えてなかった気がする。。。

    慌てて受付に戻って、
    京一。『あ、うちの車、黄色いエボⅧね?
         (;^ω^A 』
    店員の男性はにっこりとほほ笑んでうなずいた。
    →なんか負けた気がして悔しい。笑

    さて、多分手慣れた人なら5分位で終わるだろう。
    でも書類とか何か書きこまなきゃだから、
    15分位はかかるかな~?

    ここの時なんかは、
    フューエルリッドのスプリングをはめただけなんで、
    ディーラーで部品代だけ¥100円越え位をポイントで支払ったから

    実質 無料♪

    京一。『工賃取らないんですか?』
    って尋ねたら、
    ディーラー『いやいやこんなの取りませんよ。笑』
    と言ってたしね。
    →スプリングをムニュっとはめるだけの所為だし。
    →その間3秒足らず。笑

    今回は部品もいらないので、
    多分無料だろう。(←お店の人がそう言ってたんだもん。)
    でもそれじゃ、エボすけのオーナーとしてなんかカッコ悪いので、
    ワンコイン(¥500円)を支払おう。
    もし有料だったとしても¥3,000円位までなら、
    電話と違っていても払おう、
    そうパートナーと話していた。

    で、すぐ終わるはずだと思っていたのだが、

    終わらない。。。


    エボすけインぴっと。

    30分経っても45分経ってもエボすけは、
    ピットインしたまま。

    なにか線切っちゃったとか、
    部品の爪折っちゃったとかしたんじゃ・・・?


    不吉な思いが頭をよぎった。。

    ネットで以前、
    『ディーラーに修理に出したあと、
     ダッシュボードを外したら、
     四個爪折られてた。』
    なんていう記事を読んだことがあったからだ。

    予定時間(15分位)が4倍以上オーバーしているのに、
    オーナーに伝えない辺り、
    店側のミスの処理をしているという考えが、
    かなり妥当なのではないだろうか。

    やっぱディーラーの方が良かった。
    自社製品に一切の責任を持つ。
    日本全国6千うん百人の中から選出された、
    トップレベルのメカニックが店長のお店。
    少なくとも親身になってくれるメンバーがいるし。

    あああ、、、、エボすけ。。o(;△;)o エーン
    ・・・でもこればっかりはしょうがないから、
    待合所でうろうろしながら待っていた。

    パー『あ、エンジン掛けてる。』
    京一。『ほんと?』
    パー『うん。音が聞こえるよ。(^-^)』

    そう言われて耳を澄ますと、
    最大出力280ps/6,500rpmの、
    直列4気筒DOHC16バルブICターボの、
    あのカッコイイ音が壁越しに聞こえる♪
    (→自慢してみたかっただけ。笑)

    それにしても薄い壁だね。
    こっちに壁を破って突っ込んで来ないかと思った。笑

    しばらくして若いお兄ちゃんが待合所に来た。

    店員『須藤様~。』
    京一。『あ、はい。』
    店員『お待たせしました。』
    京一。『だいぶかかりましたね。。』
    店員『申し訳ございません。
        ではこちらの書類にご記入お願いします。
        あちらの受付カウンターでお支払い願います。
        金額は¥5,400円になります。』

    歩きながら値段を聞いた時、
    マジで脳裏に8.6秒バズーカの声が聞こえた。

    ちょと待てちょと待てお兄さん!

    話が違うじゃないかい。
    しかも¥5,000円越え!!!
    なにそれ!

    たぶん顔一杯に納得できない表情をしていたのだろう、
    店員『あ、金額の方、聞いてましたか?』
    京一。『いや、無料だって言ってたんですけど。
         電話では。』
    すると急に店員君、作業指図書の工賃の欄に、
    訂正線を引いた。
    店員『無料って言っていたんですね。
        わかりました。無料で構いません。』
    京一。『え、えーっと、○○って人です。』
    店員『店長です。
        多分よく知らないからそう言ったのかと思います。』
    京一。『いいんですか・・・?(^◇^;』
    店員『はい、構いません。(^-^)』

    と言うことでやはり最初に用意しておいた通りに、
    ¥500円玉を渡した。

    京一。『じゃあ、こんなに頑張ってくれて申し訳ないから、
         せめてこれでジュースでも飲んで♪』
    店員『いや、いいですよ。頂けません。』

    若者は二回程遠慮していたが最後は笑顔で受け取ってくれた。

    さすがに一時間以上あんな狭い所で作業していて、
    給料は貰えるとはいえ、
    その労力がなんか無料になったようで
    こちらとしても、
    『ただで丸儲け~♪\(^o^)/』
    的な気持ちには到底なれない。
    →それがランエボと言う車を持つ人間の格だと思う。

    京一。『しかし、時間かかりましたね。
         簡単なんじゃなかったんですか?』
    店員『はい。○○の処置をしなくちゃならないんで。』
    京一。『あ、△△するだけじゃなかったんだ。』
    店員『そうなんです。簡単に処理できるようになってないんです。』
    京一。『もしかして店長さん、資格持って無いんじゃ。。。』
    店員『はい。持っていませんね~。
        だから簡単だなんて言っていたんだと思います。』

    (; ̄ー ̄A ソノ後ノ上下関係ハ大丈夫ナノダロウカ・・・

    でもこれでひとつエボすけの不具合の不安材料が減った。
    エコノミーカーと違っていろいろと手間もお金もかかる車。

    でもそれ以上の楽しさを感じさせてくれるエボすけ。
    さ、帰りは買い物でもして帰ろうか。

    ううう゛、
    ごめん。エボすけ。。。
    はやくどっか峠でも走りに行くからねー。
    ヾ(;´▽`A

     
    関連記事