◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    霊道。。。怖||´・д・)コワィョォ・゚・

    過去に何度か京一。が感じた、
    『不思議な体験』を書いて来たけど、
    覚えている限りでもう一度羅列してみることにした。
    終の棲家として購入した今の埼玉の家でのこと。
    (それ以前に住んでいた転勤先の大阪では、
    ここの体験が一番印象に残っている。)

    1:
    愛娘。が小さい時に『お話して♪』
    (→当時京一。がでたらめで作ったファンタジーがかなり人気だった。笑)
    と一緒に愛娘。の部屋で寝た時、
    夜中に気配を感じて目が覚めたら、
    部屋の入口に身の丈7~80センチ位の、
    矢絣(やがすり)の着物を着た、
    オカッパ姿の少女が立っていた。
    →もちろんお約束で足はない。

    寝ボケているのだろうと何度も目をこすって見たが、
    半分透けて見える『それ』はじっと立っている。

    入口に立たれているので逃げ場が無い。
    親として傍らで寝ている愛娘。を何としても護らなくては。
    その想いは恐怖よりも強かった。

    なんとグーで『それ』をパンチしたのである。

    しかし『それ』は全く存在感が無く、
    したがってダメージも受けていないようで、
    相変わらずぼーっと体中薄明かりに輝いて立っている。

    どうしようもない状況で京一。の取った最終手段。

    布団かぶって寝た。 (おい。笑)

    昔から嫌なことがあると寝てしまう性格でもあったことと、
    凄く眠かったこともあったし、
    もうなす術もないし、『それ』と愛娘。の間に、
    京一。が盾になっていることもあった。

    結局朝起きてみたら何もなかった。(*´o`)=зハァ-
    この話は愛娘。がこの内容に耐えられるまで告げないでいた。

    2:
    愛娘。が大きくなり『霊的な現象』に関心を示すようになったので、
    1の話をしたところ、
    愛娘。『実は前に私の部屋の壁に手首がくっついていた。。』
    と話してきた。

    常日頃、『おじいちゃん(京一。の亡き父)が守ってくれている♪』と、
    偶然土砂降りが止んだとか、ギリギリの電車に乗れたとか、
    そう言うシーンで愛娘。に言っていたお陰か、
    物凄く恐怖ではなかったらしいが、
    あまりいい気持ちはしていないと思ったので、
    あちらこちらの神社仏閣に出掛けた際には、
    必ずお守りを買い求めて子ども達の部屋に置くようにした。
    (→もちろん持たせたりもした。)
    →日本は『八百万(やおよろず)の神』とも言われるように、
    神様同士の競合とかぶつかり合いはない、
    そんなキャパのせまーい神様なんているか!
    と言うのが京一。の考え。(;^ω^A

    3:
    ラップ音や階段を昇降する足音がする。
    →木造住宅なら家鳴りは当然。

    4:
    リビングのドアのガラス窓から、
    二階へと上がる人影や、
    覗きこむ顔の様なものをたまに見る。
    →視神経のバグかも。。。(`Д ´;)


    等々、今思いつく限りの『スピリチュアリティ』的な現象を、
    書いてみた。

    『偶然の一致』系は『シンクロニシティ』という名称だと知った。

    その他のことどもは、
    まあ、人生半世紀も生きてりゃ何かしらあるだろう。
    結果に振り回されないように、
    いい方向へと利用していこうと言う気持ちでいる。
    (→出来ればこの能力を磨いてひと儲けしたいところ。。(≧▽≦))

    と言うところでタイトルの『霊道』に漸く話を進めることに。

     

     
    大阪から引っ越してきて一階のリビングに、
    PCを新しく設置した。

    買って数カ月もしないうちに、
    モニターの調子がおかしくなり、
    メーカーに修理に出したが『現象が再現できない』と、
    一ヶ月程して返されてきた。

    その後、又時々再現され、
    結局我慢しつつ使っていたが数年後に買い替えた。

    プリンターも調子がおかしくなった。

    ビデオデッキもCDコンポも留守番電話も、
    何かおかしくなった。

    してみるとそれらの機器の設置した場所が、
    全て一直線上になるのだ。

    愛娘。『霊道があるんだよ。。。』

    まことしやかに愛娘。がのたもう。
    二階やリビングに接しているキッチン、
    玄関を挟んでの和室では、
    そう言う現象は起きない。

    もっとも二階の子どもたちは何かと寝てばかりいて、
    息子などは、
    『この家にいると眠くなって受験勉強ができない。』
    と夏休みは図書館に通ってた。笑

    まぁ、高周波攻撃を受けているとか言うような、
    そんなおかしな思考は持っていないので、
    偶然かな、はたまた、

    やっぱ霊的なもの?

    ソレハソレデコワ~イ(゚▽゚;ノ)ノ

    位で、壊れたら修理に出して事は終わっていた。

    で、去年の秋ごろから、
    ここで買ったサーキュレーターを連日使いまくっている。
    その姿が愛らしく&かなりサーキュレーターとしても有能で、
    とても重宝していたのだが、
    先月あたりから時々羽根の回転が止まる。

    しばらくすると復活するので、
    まぁいいかと思っていたのだが、
    昨晩、スイッチを入れて数分後に停止した。

    電源は入っているし、
    何度もON⇔OFFをしても反応しない。
    その内にきまぐれで動き出し、
    そしてまた停止。。。

    こういうモーター系の奴は発火が怖いので、
    まだ8月まで保障期間があるので、
    週末に販売店へ持って行く事にした。

    で、気が付いた。

    そういや今年に入って、
    すぐ側のテレビの前で、
    突然テレビのリモコンが『ぴ』と鳴ったことが数回あった。

    今朝、エアコンにスイッチを入れても、
    やはり『ぴ』と鳴って始動しなかった。
    →再度リトライしたら動きだしたけど。

    このところの京一。の精神的な具合の悪さも、
    夕食後ゴロゴロしているのは正に霊道のまん真ん中。。

    霊道復活?

    ・・・そういや、エボすけがドナドナされた時も、
    霊道の延長と言えば言えるかも。。。
    (↑全部それにかこつけるつもりか。苦笑。)

    保障期間内だから、
    ある意味『早めに点検しといたほうがいいよ♪』と言う、
    八百万の神様からのお告げだと思うことにしている。

    うん。

    ・・・・なるべくね。。。

     
    関連記事