◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    鍵が渋くなったので。

    ここ数カ月、どうも玄関キーが渋く
    (→大人になってから知ったのだが、
      『渋い=なめらかではない』という意味。)
    なってきているので鍵屋に問い合わせたら、
    『これはもう廃番商品で。』
    とのこと。

    鍵屋のおばちゃん『鍵を取り替えることがもうできないので、
             取っ手ごと取り換えることになります。』
    京一。『どんなデザインになりますか?
         今のようなアンティークっぽい奴?』
    鍵屋のおばちゃん『いえ、もう選ぶことはできません。
             そちらに出張して、
             ドアに取り付けられる取っ手は、
             もう殆ど決まってますので。』
    京一。『お値段は?』
    鍵屋のおばちゃん『¥5万からですね。』

    また金がでる。。。

    ドア自体もう25年以上経っているし、
    取っ手で¥5万以上かかるなら、
    ドアごと取り換えた方がまし!
    ↑とパートナーが怒ってる。←誰に?笑

    確かにドアもだいぶくたびれてきたし、
    鍵の抜き差しが渋くなってきているので、
    ドア一式を取り替える方向で京一。は動き出した。

    今日、京一。がお留守番をしている間に、
    パートナーが先日電話した鍵屋に、
    鍵一式を持って行く事になっていた。
    →玄関ドアの鍵が無いんで、
     誰かがお留守番していないとまずい。笑

    12時過ぎにYKKのお客様サポートへ電話して、
    どこのショールームが一番現物が多いか、
    調べてもらうことにした。

    結構問い合わせが多いのか、
    繋がるまで数分かかったし、
    折り返し電話をくれることになったが、
    タイムリミットの14時ちょい前に漸く電話がかかってきた。

    で、まだ良くドアの事を知らなかったもんで、
    いろいろと構造やら何やらを尋ねて、
    50分ほど付き合ってもらった。
    途中、パートナーから電話が鳴ったので、
    ちょうど相手が中座した時にでてみたら、

    『ただでシューしてもらった♪
     わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪』

    訳注:『シュー』=鍵内部に潤滑スプレーを吹いてもらった事。

    京一。『今、YKKと電話中だから後で。』
    パー『うん。わかった。(´・ω・`)ショボーン。。。』

    その後、品川ショールームが60種位ドア見本があるとのことで、
    見に行くのなら品川にと決まり、
    丁重に礼を言って電話を切った。

    電話が終わる頃にパートナーが帰宅。
    新しいドアについてパートナーに説明した後、
    『シューしてもらった鍵』を見に行った。

    鍵を刺して回してみるととてもスムーズ。
    気持ちがいい位に滑らかな滑り心地。

    ドア、

    見に行くの

    やめよっかな。。

    ↑おい。。笑

    もっとも、やはり寿命なのは確かなので、
    一年以内にはドアのリフォームを検討する事を宣言した。

    ああ、多分工事費込みで¥30~40万位はかかるだろうなあ。。
    (´;ω;`)

     
    関連記事