◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    『俺の後ろに立つな。』

    小さい頃から、道を歩いていると、
    人に声をかけられることが多い。

    道を尋ねられる事はたまにあるけど、
    キャッチセールス、勧誘、
    ティッシュ配りはほぼ100%。苦笑。

    お陰で、敬礼するように、
    顔の脇に『手刀』をあげて目を逸らすという、
    結構スマートな拒絶方法を、
    早いうちから編み出し今に至る。
    →『無視』するのは人情的に好きじゃないから。

    まだ10代の頃、
    校門の前で学生が数百人通過するなかで、
    数十人置きに勧誘すると言う時に、
    京一。が必ず入っているので、
    結構悲しくなったことがあった。(T△T)

    友達に、
    京一。『何か隙のある顔をしているのかな。。(TT)』
    と尋ねたら、
    友人『人懐っこい顔だからだよ。(^-^)/』
    と言われて嬉しかった記憶がある。>有難う。友よ。

    今日も普通に街中を歩いていたら、
    幼稚園の門の前で誘導していた警備員に挨拶された。
    すぐ側を園児を連れた保護者(女性)達が何組も通っているのに、
    京一。にのみ。

    なんでだろ?(・・?

    地元で小学校や中学校の役員とか、
    教育関係をいろいろとやってたけど、
    幼稚園は守備範囲以外。
    この幼稚園(それも私立)は園長すら顔を知らないのに。

    帰宅する前にスーパーに寄って、
    冷蔵ケースの中の刺身パックを見ていたら、
    (→なんかイカ刺しが食べたくなったから。笑)
    背中に60代後半と思われるじっちゃんが、
    ピタッと貼りついた。

    こちらが少しずつ位置をずらすと、
    ぴったりと付いてくる。

    非常に不愉快だし、
    なんかスリでもするのかと思ったので、
    さっそく前後入れ替えて、
    じっちゃんの後ろに移動した。

    『パーソナルスペース』ってのを知らんのかい。苦笑。
    満員電車のありえない至近距離ってのは、
    海外でも有名な日本の特殊なケースなのにな。

    そんな事を思いつつ帰路に着いたのだが、
    すぐ後ろを今度はベビーカーが付きまとう。
    追い立てられるようなそんな不快感。
    かかとにぶつかりはしないけど、といった間隔。

    体調が悪くなってから、
    前みたいな速歩で歩けるほど回復していないので、
    追いつかれちゃうのだろうな。

    あちらはベビーカーだから、
    移動は面倒だろうと、
    さっさとこちらが道を渡って右側に避難した。

    もっとも、たま~にしか車の通らない、
    住宅地の生活道路なんだけどね。

    他人への配慮が足りない人が、
    どんどん増殖している気がしてならない。

    こっちは配慮してても、
    相手は配慮しないから、
    結局こちらが被害を被るんだもんな~。

    今回の件もそれが大きな原因だったし。
    自分が損するってことが分からないので、
    どうしようもないんだよね。

    そう言う人たちからは一刻も早く距離を置くしかない。
    ┐( -"-)┌ヤレヤレ...

     
    関連記事