◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    CM製作者の質。

    愛娘。が居る時から時々目に余るCMについて、
    良く二人で話していたものだけど、
    愛娘。が居なくなっちゃってからは、
    なんかとっても不完全燃焼。

    最近のCMの質の低さが目にあまり過ぎ。
    少し古い奴だけどとてもバカだなと思ったのがこれ↓



    佐藤浩市が運転するトヨタのマークXのCM。

    佐藤『もっといい男を見つけろよ』
    刈谷『パパみたいなっていうんでしょ?』
    佐藤『悪いか?』
    刈谷『悪い。。』

    失恋した娘を慰める父とのドライブ、
    というシーンらしいけど、
    なにこれ?

    自意識過剰親父!! 苦笑。

    車のCMだしょ?
    1,000歩譲ってそういう構成だとしても、だ。

    『悪い』

    という言葉を使うその神経がわからない。
    しかもその言葉が最後のセリフだもんだから、
    マークXの画像と共に、
    『マークX』=『悪い』という形で脳裏に残る。
    わざわざ負のイメージを植え付けてどうするんだと思う。

    トヨタはレクサスは鳥肌物レベルのもあるけど、
    大概に於いて製作費を捨てている様な駄作ばかり。
    頭の古い人種が上層部を占めていて、
    新しい試みなどをことごとく排除しているのかと思う。
    少しは他社のCMを見て猛省して欲しいと思う。

    同じように『言葉に無神経』なCMとしては、
    ブラックスワンが登場するアフラックのCM。



    BS『必要無い!必要無い!保険なんか必要ない!
      ・・・って言ってた手前あんまり大声で呼ぶなよ~。』
    本田『通院保障で助かってることばれるとまずいもんね♪』

    『ばれる』って。。。。
    ばれちゃまずいことな訳なの?
    『通院保障』って?

    『ばれる』という言葉自体が『下品』。
    なんでわざわざそういう単語を使うCMを作ったのか、
    製作者の品格が推測されると言うもの。

    『通院保障で助かっているって内緒なのね?』
    とか何とか考え付かなかったのだろうか。
    とてもイメージが悪く感じられる。
    敢えてそんな言葉を使わなくてもいいのになと。苦笑。


    で、ここんとこ物凄く宣伝しているのだが、
    なんだか見た後にほろりとするCMがある。

    ダイハツの軽自動車・WAKEである。



    ちょっと頭の緩いあんちゃんが、
    ゴルフバックを立てに積み込みたいと、
    青い車のトップをチェンソーで切断するが、
    既に素晴らしい車が発売されていたと知って、
    唖然とする、というもの。

    ナンセンスコメディーCMなんで、
    『そんなことまでする奴なんかいるもんか。笑』って、
    軽く見ることができるのだけど、
    最後のシーンが素晴らしい。

    『悪かったなぁ。。』と言いながら、
    切断面にテープを貼って愛車をいたわる。
    ここにダイハツの、
    車に対する愛情がひしひしと感じられるのだ。
    (*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン♪

    前述の製作者レベルならば、
    『あんな使いにくい旧車は捨てて新しい車に乗り換え~』
    的な発想をしかねないところが、
    古い車も大事に可愛がる、
    そこに京一。ははあとをキュンキュンさせられてしまうのだ。

    ただ、突っ込みどころとして、

    鋼板はチェンソーじゃ切断できないってば。

    普通は丸のことかでしょ?
    →多分、模倣されることを恐れての予防線かなと。

    ダイハツは父の所有していたシャレードが、
    とても乗りやすかった事を記憶している。
    競争の激しい軽自動車業界だけど、
    新型コペンはどうしても好きになれないなぁ。( ¨)遠い目

    『可愛らしい、愛される軽自動車メーカー』
    というイメージの強いダイハツならではのCMだね。
    →しかし、ちょっと放映多すぎ。笑

     
    関連記事