◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    企業姿勢を問う、うん。絶対に負けない。

    ■2014年10月1日19時00分の記事です。

    新ディーラー担当との、
    上々なコミュニケーションの始まりの電話と、
    資料作成してあげたお礼の電話と、
    なかなか気持ちの良い午前中であったが、
    一転、午後の電話は腹が立つこの件のものだった。

    この前は最初に出たお客様センターの人がA氏。
    その後O担当に回されて回答待ちだったけど、
    今回の電話に出たのはK氏だった。
    O氏、K氏共に姿勢は非常に低姿勢で、
    会話自体には悪感情は抱かないのは、
    さすがトップブランドの会社だと思った。

    交渉中なので詳細は明かせないけど、
    一体私が無理を言っているかどうか、
    これを御覧になっている皆様に判断頂きたいと思う。
    →判断しなくてもいいけど。笑

    まず、物は何かと言う説明なのだが、
    ¥100万位する住宅設備の中の一部品がある。
    その部品には足が四本ついていて、
    その足が設備を痛めないようにと、
    それぞれ四本に1つずつゴム足が付いている。
    そのゴム足なのだ。

    それがこれ↓。

    ゴム足。


    このゴム足が部品の足にはまるのだが、
    他の三個はしっかりはまっているのだけど、
    ひとつだけ↓こんな感じですぐに抜け落ちる。

    こんな感じ。

    設備を取りつけてから掃除をして、
    その事実(→結構抜けおちやすいと言う事ね?)に気が付いてから、
    パートナーにも注意するように言っておいたのだけど、
    先日、この部品をごしごし洗っていたのを見た。
    その後、無くなっているのに気が付いたので、
    多分その時ではないかと推測。
    →パートナーは『気をつけていたんだけど。。』と言う。
    →あまり追及しても可哀そうだし、
     確かに設置してから4年近く無事だったので、
     違うかもしれないけど、
     平素良く物を失くしたり壊すので信頼性が低い。笑

    椅子の足の当たり止めのゴムのように、
    一個売りでは多分しないだろう。
    ゴムパッキンとかもいくつかまとめて数百円とかだもんね?
    これも四個で¥500円位取るんだろうな~、
    なんて気楽に思っていて、
    ネットで調べてみたのに会社のHPの部品販売の所には、
    他の部品は色々と載っているのだけど、
    これは載っていない。

    で、変だな~と思ってメーカーに電話してみたら、
    先の『¥6,000いくらかの部品を買って頂くと言う形に。。』
    と言われて頭に来た、と言う事なのだ。

    このゴム足の大きさ見てもらえれば、
    ¥6,000いくらかって言われて、
    『ふざけるな!』
    と怒る京一。の気持ちがわかってもらえると思う。


    こんなの。

    ↑これだよ?
    こんなちっこいんだよ?苦笑。
    これ一個手に入れるのに、

     ¥6,000円越え!

     
     
     
    つまりはゴム足一個売りはしていないので、
    部品を丸々一個買って欲しいと言う事なのだ。

    一体成型のものだとか、
    特殊部品だとか、
    受注生産だとか言うのならそれもありだろう。
    そこまで無理は言わない。

    でもこれ、
    絶対にゴム足は別な過程で、
    大量生産して嵌めているってわかるよね?

    注文が入ってゴム足4個作成なんて、
    工場のゴム製造ライン動かして、
    どんだけ単価の高いゴム足になるか。
    それこそ一個¥6,000円越えでも当然かもしれない。

    しかしそれはあり得ない。

    そもそもその部品(250mm×180mm位の大きさの樹脂板。)自体、
    ¥6,000円越えというのも、
    かなり暴利だとは感じる。
    →全ての部品が結構高いなと思う。
    →住宅設備って結構そう言うもんなのだろうけどね。苦笑。

    で、案の定、この前私が予想した通り、
    『グレードの低い¥1,500いくらの別な部品を買って頂いて、
     そのゴム足を。。』
    と言うお話になった。

    京一。『(うちの部品はグレーなのだが、)色は?』
    担当『白しか。。。』

    おい。ヽ(`ロ´#)ノ

    つまりゴム足の為に、
    要らない別な部品を買えという。

    京一。『それって「抱き合わせ販売」じゃないですか?
         過去にこういう問い合わせはなかったんですか?』
    K担当『・・・あります。。』
    京一。『で、皆さんどうされたんですか?
        ¥1,500円の部品を買ったんですか?』
    K担当『・・・はい。。。』

    何かが切れた、と言うよりか、
    タコメーターがレッドゾーンに入ったのを感じた。

    たかがゴム足一個の為に、
    要らない部品を買わせる、
    そういう企業の姿勢が頭に来たってか、
    これ、悪徳商法に片足突っ込んでない?
    日本を代表するような住宅設備機器メーカーにあるまじき経営理念。
    お客様の存在を全く無視して利益のみを追ってる。
    こちらは¥100万以上も金を掛けて、
    そちらの住宅設備を設置した顧客なのに、
    こういう対応をする訳?
    今後ずっとアフターフォローしてもらう会社が、
    こういう考え方な訳?
    たかが消耗品のゴム足に、
    黙っていたら¥6,000円もぼった来る訳?
    それでおかしいと思わないの?
    たとえ¥1,500円の方でも買ったとしら、
    重たい部品(500g)の郵送代もこっち持ちだよ?
    ゴム足4個と比べてどれだけかかると思ってるの?

    K担当は電話口の向こうで小さく、
    『・・・はい。。はい。。』
    としか返事が無い。
    ・・・ってか返事ができないよね?

    ここで気をつけなくてはいけないのは、
    目的を忘れない事。
    クレームをつけたい訳でも、
    何か金銭を欲しい訳でもない。

    『ゴム足を入手する』

    これが目的である。

    その為には窓口の人を攻撃してもダメなのだ。
    会社を背負っているとはいえ、
    個人的にダメージを与えてその人自身の精神状態を傷つけては、
    京一。自身のプライドにも関わる。
    窓口の人の立場が圧倒的に弱いのは明白だからだ。
    こちらの理不尽な想いを理解してもらって、
    解決に向けて動いてもらわなくてはならないのだ。

    京一。『個人的にKさんの事を責めているんじゃないんですよ?
        ただ、会社の姿勢が信じられないんです。
        企業責任を問いているんです。
        そこはわかりますよね?』
    K担当『はい。』
    京一。『こういう問い合わせが入った。
         会社の対応が変だと思いますよね?
         こちらが納得できないのはわかりますよね?』
    K担当『はい。。』
    京一。『いいですか?
        「いままでこうだったから」
        じゃだめなんです。
        おかしいのだったら変えなきゃいけないんです。

        Kさんにどれだけ力があるかはわかりませんが、
        個売りができるようにあちらこちらに働きかけて、
        社内で話し合って変えていかなきゃいけないんですよ。
     
        もしくは、販売ができないとあらば、
        特例と言う事で個別にお客様に小分けする、
        そう言う風な対処法を会社で考えていく。
        それがお客様に対する会社の姿勢でしょう?
        ○○と言う日本を代表するようなトップブランドでしょ?』

    K担当氏、最初は『・・・はい。。』『・・・はい。。』と、
    声を出していたのだが、
    その内に本心からなのだろうか?
    『・・・・うん。。』『・・・・うん。。』と、
    何か諭されている子の様な返事になってきた。

    で、
    京一。『まぁ、それでも動かないとあらば、
        別な公的な機関に事情を話して、
        そちらから動いてもらうことになるかと思います。』
    と、ダメ押しも言っておいた。

    たぶん、あちらも『消費生活センター』の事を言っているだろうと、
    ピーンときたと思う。

    事実、以前そこに連絡をしたら、
    梨のつぶてだった企業が180度方向転換をして、
    結局同じグレードの中の最高ランクの最新設備のもの
    (→購入したものより¥4,000円ほど高い。(;^ω^A )
    と無償交換してもらえた経緯がある。
    →取り付け工事費¥1万何がしかはこちら持ちだけどね。
    →もちろん、全てこちら側の言うとおりに解決するわけではない。
     中には無理難題を吹っ掛ける消費者もいるようだしね。
     ただ、明らかにおかしいと思うような事案は、
     こういう公的な仲介を経由することによって、
     秩序をもって解決へと導かれる。

    なんか今まで京一。の様な想いをしてきた人たちがいるのに、
    手をこまねいて放置していた企業に対する怒りが、
    ふつふつと沸き起こっている。
    『黙って買うしかないだろう。』とばかりに、
    弱者の立場を理解せずに胡坐を掻いている企業姿勢が腹立たしい。

    消え入りそうな声のK担当氏には可哀そうだったかもだけど、
    数回、K担当氏を責めているんじゃないよ?とは言っておいた。
    でも会社の看板を背負っている立場はいかんともし難い。
    だから給料もらっているんだしね。

    さて、どういう風に動くかな。
    やっぱ『申し訳ありません。』って来るのかな。

    返事が楽しみ、じゃない。
    なんかとっても、
    不快感どMAX!!
    o(`ω´;)oぷんすかぷん!!!

     
    関連記事