◆下書き:63スレ~ 日付:57スレ~ 〆(´∀`*)メモメモ                                 ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪

    Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

    台風対策!

    今年最大級と言われる台風18号は、
    埼玉には明日朝午前中に最も接近するっぽい。

    ここで見てたお天気情報によると、
    ずっと風速1mだったのが、
    明日未明の3時頃には風速6mになるって言ってた。
    →風速6mってのは、
    一秒間に6m空気が移動するってことだから、
    あまり大したことないか。。。(;^ω^A

    でも、テレビでは盛んに、
    『台風18号は大型で非常に強い台風です。
    今のうちに台風への備えを!』と言っている。

    素直な須藤家は言われるままに(笑)、
    雨が小降りの時にパートナーと家の周囲を片づけて、
    飛んでいきやすいバケツや植木鉢なんかをまとめて縛ったり、
    物置の脇とかに移動させ、
    自転車のカバーも紐でくくりつけた。
    すだれも昨日外してしまったしね。

    と言うところでエボすけの事が心配になった。
    ガレージに入庫しているのならともかく、
    大風が吹き荒れたなら、
    小枝や小石、はたまたバケツとか植木鉢とか飛んでくるかもしれない。

    日射の強い5月~9月の間、
    カーボンリアウィングが紫外線で劣化して、
    白濁するのを防ぐために、
    毎日毎日面倒くさいけどウィングにカバーをかけて、
    大事にしておいたお陰で、
    どこへ行っても褒められるほどの美しさ♪
    (→カーボンウィングの白濁化を知っている人のみだけど。笑)

    やっぱりカバーをかけよう!
    そう思ったのだが大雨&大風のなかで、
    素材は何にしようかと悩んだ。

    1)いつものサンバイザー利用のカバーを掛ける。
    2)段ボールをビニールで包んで掛ける。

    2)の段ボールを考えていたのだけど、
    雨に濡れたら強度は0になっちゃうな~。
    サンバイザーは雨に濡れたら、
    火曜日から晴れるって言うから干せばいいか。。
    ともかくサンバイザーでは覆えない翼端板の部分を、
    段ボールで覆うか、とまずは型を取ろうと、
    パートナーに後ろから傘を差させて、
    二人でえっちらおっちらとエボすけのリアウィングの所に回り、
    カラーチラシではないチラシの紙を、
    翼端板に押しつけて型を取って見た。

    ちっちゃかった。。
    しかも雨でびしょびしょ。。。
    使えない。。。。。_ノ乙(、ン、)_

    パートナー『それじゃないもっと大きい別の紙にすればいいよ。』
    京一。『どれ?』
    パートナー『ほら、求人のチラシ。色使ってないもん。』
    京一。『これ?カラーじゃん。』
    パートナー『あ、、、ほんとだ。。(;^ω^A 』

    なんていいながら、新しい紙を持って、
    再度翼端板の所へ行ったら、
    大変なことになっていた。

     
     
     
    そう、先ほど押しあてたチラシのインクが、
    翼端板に転写していたのだった。

    ||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||ガビーン!

    全ての活動が停止。
    え、えーっと、、ガラスクリーナーは拙いから、
    プラスチック使用可のマイペットを持ち出して、
    一生懸命にティッシュで丁寧に擦った。

    3回程行ったり来たりして、
    漸く転写されたインクが落ちた。

    (´Д`;)ハァ・・・

    いや~、一時はどうなるかと思ったよ。。(o´Д`)=з
    カラーチラシは転写を警戒して避けてたんだけど、
    まさかあんな紙でも転写するとは。。

    サンバイザーもビニールが表面に使ってある。
    もうなにも信用できない!

    ・・・と言う事で使い古したフリースの服を切って、
    あてがうことにした。


    台風対策その一。
    台風対策その二。

    強風で何かがぶつかったら、
    ボディは多分へこむだけだろうけど、
    樹脂製のウィングは割れる可能性が高い。

    手を尽くしても駄目だったら諦めが付くけど、
    何もしないでいて被害を受けるなんて我慢できない京一。

    京一。がせっせとひもで縛っている後ろには、
    パートナーが従者のごとく傘を差し出していた。
    →そのくせ結構濡れたんですが。。。笑

    『こんにちは。(^-^)』
    背後を奥のパルコペさんが通り過ぎるので、
    京一。『コペン、台風対策大丈夫ですか~?』
    と声を掛けておいた。
    →『あ、はい大丈夫です。笑』って、
    笑って去っていったけどね。

    周囲はだ~れも台風対策してないっぽい。
    いっつもそうなんだよね。

    ・・・で、いざという時には当てにされるんだけど。
    ┐(´~`;)┌ 

    ともかく、海上に方向転換して、
    あっという間に熱帯低気圧になって消滅して欲しい。
    せめて、雨台風になって欲しいなあ。。
    大風は勘弁して欲しいよ。

     
    関連記事