Heart Place - はあとぷれいす -

    2度と来ない『今』を大切にしたいから、笑顔を忘れずに前を向いて歩いて行こう。

      ●ご意見ご感想は、該当記事の拍手コメントか掲示板へどうぞ♪
    TOP >  ●記事編● >   >  長瀞の桜 - 宝登山神社 -

    長瀞の桜 - 宝登山神社 -

    参道入り口。
    1:
    『長瀞駅前』交差点。
    白い大鳥居がひときわ目を引く。
    2:
    寶登山神社御鎮座壱千九百年記念
    事業の社殿改修等が竣功しました

    装い新たな寶登山神社への
    御参詣をお待ちしております


    四つ辻角に出ていた看板。
    なんか綺麗に改修されたのかー。
    綺麗な神社って大好き♪ o(^-^)o
    3:
    途中に出ていた看板なんだけど、
    舟下りにアドベンチャーは怖いよぉ。
    それはもう『ラフティング』の世界だ。
    (^◇^;


    大鳥居。

    仰ぎ見る大鳥居。
    赤い鳥居は見慣れているけど、
    こういう白亜の鳥居も素敵だな。

    青空だったら最高だったね。

    因みにこの鳥居は、
    鳥居上部の横木が上に反っている、
    『明神(みょうじん)鳥居』というもの。

    鳥居も調べると奥が深いんだ。
    (^-^)


    案内板。
    4:
    道向こうにあった案内板。

    英語はもとより、中国語、韓国語と、
    海外からの観光客にも対応している。
    ( ゚Д゚)ノ凸へーぼたん
    5:
    平日なのに人が切れない。
    約400本の桜がこの参道に花開いていると言う。
    広い歩道が歩きやすい。

    ガードレールじゃないってのも、
    景観を損ねずにいい。


    こんなものが♪笑
    6:
    パートナーが道の向こう側に見つけた変な店。笑
    『長瀞サル劇場』って看板があった。

    『営業日 土日祝』という事で平日はお休み。
    7:
    桜の幹から花が咲いていた。

    盆栽用語で『胴吹き(どうぶき)』といい、
    古い木や、
    エネルギーの足りない木等に見られる現象らしい。
    8:
    何か可愛らしい中にも、
    生命力の強さを感じる。


    こんなものも!笑
    9:
    7と8の画像を見て、あれっと思ったあなた。笑
    そう、驚くなかれ、
    あの伝説のヨコハマタイヤのスマイレッジ
    (→という名称は初めて知った。(^▽^;))が、
    ここ、長瀞に存在した!

    いや~、こんなに状態良く現役な看板って、
    結構レアもんではなかろうか。w(゚o゚)w

    しかし、インパクト強っ!
    会社名忘れても、
    『タイヤに顔がある奴』
    って言えばまず即答できるな。笑

    赤や肌色が退色していない所を見ると、
    塗り直しているとしか思えない。(^▽^;)
    10:
    また案内板が。
    長瀞観光協会さん、いい仕事してますね~。
    こんだけあれば迷う事もないね。


    旧新井家住宅。
    11:
    長瀞駅前交差点から350m程のところを歩いていたら、
    左側に竹林が出現。

    華やかな薄桃色の桜の花と、
    凛とした直線の竹の緑の対比。
    12:
    よく見ると竹林の奥には家があるようだ。

    竹林の中に、
    『国指定重要文化財 旧新井家住宅』
    という看板があった。

    調べてみたら、江戸時代中期、
    今から260年ほど前に建てられた養蚕農家で、
    石を置いた板葺き屋根が特徴とされているらしい。


    有隣倶楽部、だって。
    13:
    なんか『料亭』って感じの高そうなお食事処。。
    ( ̄へ ̄;)

    秩父鉄道経営らしい。
    14:
    『本日、貸切にて営業中』だってー。
    ん?結構リーズナブルなお値段なメニュー♪

    後で調べてみたら、
    特に個人でも食事ができるところ見たいだった。
    今度訪れたら是非食事をしてみたい♪


    神社入り口。
    15:
    宝登山神社前のロータリー。

    こういう広い空間が好きだ。
    16:
    流しそうめんの店。
    →もちろん営業していないけど。

    前に家族で宝登山に来た時に、
    ここで生まれて初めて流しそうめんを食べた。

    長い樋を流れるそうめんを、
    不特定多数でつつくのは衛生的になぁ、、、
    と思っていたら、
    家族ごとにぐるぐる周る回転寿司の様な、
    流しそうめんだった。笑

    子どもたちは小学校低学年あたりだった。
    家族で流しそうめんをつつく事もないだろうな。。
    ( ¨)遠い目



    案内板いっぱい。笑
    17:
    ロータリー脇にある案内板。
    18:
    こっちも。
    ・・・ちょっと多すぎでない?
    ┐(´~`;)┌ 


    広い参道の石畳。
    19:
    本殿入口に続く参道だけに、
    広々とした開放感がある。

    灯籠がいい味を出している。
    20:
    宝登山神社
     宝登山(ほどさん)神社は、神武天皇(じんむてんのう)、
    大山祇神(おおやまづみのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)
    をまつり、秩父神社、三峰神社とともに、秩
    父三社の一つとして知られています。
     古くは、日本武尊(やまとたけるのみこと)が山に登った
    とき山火事にあい、そのとき巨犬が現れ、火を消したこと
    から、火止(ほど)神社と言われていました。
     本殿は銅葺(どうぶ)き入母屋造(いりもやづく)り、
    千鳥破風(ちどりはふ)、向拝(こうはい)の軒(のき)k、
    唐破風権現造(からはふごんげんづく)りと、江戸建築の
    技巧美を、今なお伝えています。


    生粋の日本人だけど、( ゚Д゚)ノ凸へーぼたん。。
    やっぱり教科書だけでなく、
    実地にあちこち見学しに行った方が良かったなぁ。
    (→夏休みの自由研究なんかにもってこいだ。笑)


    開運招福がお出迎え♪
    21:
    毎月七日御本社 
    四月~九月 午前五時半
    十月~三月 午前六時

    御炊上祭り

    毎月十五日午後三時 寶玉稲荷社


    ・・・って書いてある。
    ん?寶玉稲荷社?

    因みにこの後ろの松は、
    町指定天然記念物の相生(あいおい)の松。

    赤松と黒松ツの対の木。
    赤松は推定樹齢百年。黒松は推定樹齢百年。
    昭和天皇の御成婚を奉祝し、
    野上・樋口の青年団員が1924年(大正13年)に植樹。
    22:
    入口に『是より神域 犬の散歩はご遠慮ください』の立札が、
    『車止』と並んで立っている。

    『神域』という言葉に、
    目に見えない侵し難い神聖なものを感じる。
    23:
    開運招福の大きな絵馬。

    平成壬辰(みずのえたつ)って書いてあるんだけど、
    これもまた調べたら色々とあった。

    うーん。日本の神道、奥深過ぎ。(^^;ゞ


    立派な鳥居の注連縄。
    24:
    本殿前の二の鳥居。
    威風堂々、
    鳥居の見本のような美しさである。
    25:
    注連縄は真ん中が太いタイプ。
    緩やかなカーブを描いている。
    たぶん素材は藁ではなく合成繊維。
    →昨今、良質の藁は入手が困難だからね。

    間にぶら下がっているのは、
    『〆の子』と呼ばれ、紙垂(しで)等と共に、
    注連縄にぶら下げられる飾り。

    さすが、改修しただけの事はある。
    立派なものを飾っているね。

    ・・・で、
    高級カーテンタッセルが脳裏に浮かんだ。。笑

    『寶登山神社』と書かれた神額(しんがく)の額縁が、
    かなり凝った彫刻の金箔仕上げとなっていた。
    これだけ立派な神額はちょっと見られないと思う。
    w(゚o゚)w オオー!


    鳥居の根元と本殿。
    26:
    鳥居の根元の藁座と言われる部分には、
    奉納した人たちの名前が刻銘されていた。
    27:
    手水舎を過ぎて階段を上ると、
    本殿が現れた。

    物凄く大きいと言う社ではないけど、
    神社建築の美を強く感じる。


    狛犬。
    28:
    毬を持つ狛犬。

    毬=玉=宝玉 という事で財力を表し、
    口が開いているので『阿(あ)』の雄犬。
    29:
    子狛を連れているから雌犬。
    子宝という意味があるらしい。
    口を閉じているので『吽(うん)』。

    専門的には『福島型』という分類の狛犬だそうだが、
    これもまた多種多様のデザインがあって、
    そっちの世界も奥深そうだ。(^▽^;)
    30:
    向拝(こうはい=
    本殿や拝殿で屋根の一部を正面に突き出し、
    拝礼の場所となっているところ)を飾る五匹の龍。
    邪気が近づかないように守っている。

    拝殿の彫刻は、名工の誉れ高い、
    川原明戸村(現:熊谷市大麻生)の彫刻師、
    飯田岩次郎の作品。


    細かな細工。
    31:
    龍の下の欄干に一羽、
    金の羽を持つ鳥がぽつんと彫られていた。
    こんな山の中だから都鳥でもないだろうし、
    鴨類みたいな顔しているのだけど、
    種類は分からなかったー。(^▽^;)
    32:
     宝登山神社ご由緒
    所在地 長瀞町長瀞
    御祭神 神日本磐よ余彦命
    (かんやまといわれひこのみこと=神武天皇)
      大山衹神(おおやまつみのかみ)
      火産霊神(ほむすびのかみ)
    例 祭 四月三日

     当神社は、約一九〇〇年の昔、日本武尊
    (やまとたけるのみこと)が
    東北地方ご平定のみぎり、宝登山(ほどさん)々頂に皇祖
    神武天皇・山の神・火の神をお祀りされたの
    がはじめと伝えられています。
     尊が登山に先立ち、みそぎをされた「玉の
    泉」は今も社殿の後に残っています。
     また、登山の途中山火事のため進退きわま
    った時、多くの巨犬が現れて火を消し止め、
    尊をお助けしたことから、古くは火止山(ほどさん)と表
    わし、後世宝登山と改称しました。
     なお、この巨犬は神様のお使いで御眷属(ごけんぞく)と
    呼ばれ、火災盗難除・方災除・諸難除の御神
    徳が殊の外高く、更に宝の山に登るとの名前
    から商売繁昌・諸願成就の祈願も盛んです。
              宝登山神社々務所

    だって。


    大祓。
    33:
    拝殿の右側に赤い毛氈を敷いた台があり、
    なにやら乗っていた。
    後ろに立札が立っている。

     大祓いについて
     私達の日常は、知らないうちに過ちや罪をおかし、
    またケガレに触れながらの生活です。過ちや罪・ケ
    ガレは、病苦や怪我、事故など災難の元となります。
    「大祓(おおはらえ)」は、日頃の過ちや罪・ケガレを『人形
    (ひとがた)』に託して祓い清め、神様から戴いた「清浄な身体」
    と「正しい心」を取り戻し、神様にお守り戴く神事
    で、六月三十日(夏越の大祓)と十二月三十一日(晦日
    の大祓)の年二回、執り行っています。

      「人形」に氏名・年齢を書き、息を吹きかけ、身体
      を撫でぬぐい、過ち・罪・ケガレを託した「人形」を、
      箱の中に納めて下さい。
       当社では、大祓の当日「人形」をお祓いし、過ちや
      罪・ケガレを取り除き、心身健全を大神様にお祈りい
      たします。
     初穂料は一体三〇〇円程度をお気持ちとしてお納
    め願います。
     喪中の方、清浄を願う方には、特にお奨めいたし
    ます。

    34:
    右の人形入れ箱が男→白い人形。
    左の人形入れ箱は女→赤い人形。

    パチパチデジカメで撮っていたら、
    社務所の人が気を使ってくれていた。(^▽^;)


    色々説明書き。(^▽^;)
    35:
    お祓の仕方が書いてあった。

    先ず
    ※ 形代(かたしろ)(人形:ひとがた)
      『男性は白』『女性は赤』に氏名 
      年齢を書き込んで下さい。
    次に
    ※ 形代(かたしろ)(人形:ひとがた)を
      両手で持ち息を吹きかけて下さい。
    次に
    ※ 願い事等ありましたら心の中で念じて 
      下さい。
    次に
    ※ 形代(かたしろ)(人形:ひとがた)で
      身体を撫でて身体を清浄めて
      下さい。
    次に
    ※ 清浄め終わったら箱の中に納めて(入れて)
      下さい。


    丁寧に詳しく説明してある。

    今は若者の間で、こういう神事や呪術などが、
    アニメの影響で流行っているから、
    結構人気があると思うな。
    (→『陰陽師』とか『夏目友人帳』とか、
     その他沢山あるよね~?)
    36:
    拝殿の両脇の欄干には中国の有名な孝行話、
    『二十四孝』の彫物があり、
    その解説板があった。

    この後の彫物を眺めながら読むと、
    話が理解しやすい。

    赤兎馬(せきとば)を駆る関羽(かんう)
    (脇障子の彫刻)
    三国志に題材を求めたと思われます。関羽は劉備の臣だが訳
    あって曹操に使え、一日に千里を駆る名馬赤兎馬を授かり、
    劉備に対する忠義の心を持ちつつ活躍します。後に孫権によ
    って処刑されますが、その才覚が霊験あらたかとして「廟」
    に祀られ信仰を集めます。

    二十四孝の内四話

    貧しい郭巨(かくきょ)夫妻には母と赤ん坊があり、子を埋めてまでも母
    に孝養をつくしたい郭巨が、穴を掘っていると黄金の釜が出
    土し、子を埋めることなく孝をつくしました。

    孝心の厚い王祥(おうしょう)は、厳寒に鮮魚を食べたいと願う継母のため、
    氷上で裸体となり臥して氷を解かしながら大漁を祈ると氷が
    割れ、魚が躍り出て掌中に納まりました。

    両親と弟に虐げられる日々の瞬(しゅん)ですが孝・悌をつくし、耕作
    に精を出すその姿に、天も感じ入り象が耕作を鳥が除草を手
    伝います。堯王の後を継いだ瞬は徳政に励みました。

    唐夫人(とうふじん)の姑の長孫夫人は歯が無く食事に不自由していました
    が、唐夫人の授乳のお蔭で長生きし、死の床では義理を重ん
    じた唐夫人の孝心を讃え、また感謝もしました。


    ・・・す、すごい話だ。。(^▽^;)


    美しい彫物。
    37:
    白い象が畑を耕して、
    青い鳥が空を飛んでいる。
    鍬持ってるのが瞬かな?

    おもちゃで遊ぶ幼児の傍で、
    母乳を飲む長孫夫人。。
    (//△//)
    38:
    子どもを埋めてまで親孝行。。
    金の釜が出てきてよかったよかった。(*´o`)=зハァ-
    赤ん坊を優しく抱いているのがほっとする。

    で、素っ裸で氷を溶かすって。。。(`Д ´;)


    彫物を見ながらぐるりと。。
    39:
    関羽と赤兎馬、かな?
    40:
    拝殿脇の通路をくぐり裏へ回る。


    彫物と、それにまつわる話。

    裏にあった彫刻と解説。

     西王母(せいおうぼ)と東方朔(とうおうさく)
    (脇障子の彫刻)
    前漢の武帝は不老不死を願い、ついに仙人の西王
    母と会うことが適い、不老不死の仙桃を授かるこ
    とになりました。武帝に知略知己を以って仕える
    東方朔は、三千年に一度しかならない仙桃を盗み
    食いし雲に乗り逃げ出し、八百歳の齢をかぞえた
    といいます。


    なんとなく孫悟空と被る気がする。。
    食い逃げはダメだってば。笑


    本殿裏と宝玉稲荷神社への入り口。
    41:
    拝殿の脇。
    中央に見えるカラーの小さな脇障子が、
    前述の仙桃の故事の彫刻。

    下の透塀(すきべい)の真ん中あたりにあるのが、
    解説の板。
    42:
    その先にある、宝玉稲荷神社への鳥居。
    衣食住を司る倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀る。
    失せ物が戻るご利益があると言われているそうな。

    今回は時間もあるので寄らなかった。
    次回の楽しみにしておこう。(〃^ー^〃)


    神社建築。

    本殿の真裏。
    美しい神社建築。

    側にあった解説板。

     本殿妻懸魚と太瓶束

    妻に下がる黒く塗られた板を懸魚(げぎょ)と呼び、左右
    には雲形の鰭(ひれ)が従い、花弁を想わせる意匠の六
    葉・樽の口から構成される。棟木と虹梁をつな
    ぐ太瓶束(たいへいつか)がみられ、束を挟んで右に逆巻く水瀬
    を泳ぐ鯉の姿を、左には龍へと姿を変えて、激
    流を泳ぐ「登龍」の状があらわされています。



    神社建築組物名称。

    テクニカルタームばっかでよくわからない。
    悔しいので色々と調べてみたのがこれ。

    これらを『組物(くみもの)』って言うんだって。
    ( ゚Д゚)ノ凸へーぼたん。


    みそぎの泉。
    43:
    最初『泉のぞきみ』って読んでしまった。
    m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m すんません。。

    側に小さく貼ってあった投銭禁止の看板。

      

    投銭禁止


    この泉は、日本武命様が宝登山に登る前に、身をお清めになられ
    た神聖な泉で『玉の泉』(たまのいずみ)と申します。
    この玉の泉に、投銭されますと、金属の化学変化により水が濁って
    しまいます。いつまでも清らかな泉を保ちまた後世へ残し伝えて行く
    為、投銭をお止め下さる様参詣者の皆様の御理解と御協力をお願い
    致します。
               寶登山神社社務所


    観光客は泉って言うと硬貨を投げ入れるからね。
    ┐( -"-)┌ヤレヤレ...
    44:
    『みそぎの泉』とも言う。
    ちょっと濁ってる。。


    色彩鮮やかな彫り物。

    拝殿に向かって左側の部分にある彫刻。

     黄石公(こうせきこう)と張良(ちょうりょう)
    (脇障子の彫刻)
    秦打倒を企てる韓の遺臣張良の前に黄石公という
    老人があらわれます。老人は張良の器を見定める
    ため何度も沓を拾わせるなど試練をあたえます。
    ついにいくつもの試練に耐えた張良は太公望不敗
    の兵法書を授けられ、劉邦の軍師として漢の建国
    をたすけます。


    靴を拾うシーンだね。
    いや、たとえ話が凄い。(^▽^;)


    二十四考。


    二十四孝の内四話

    剡子(えんし)は目を患う両親のため、効能がある鹿の乳を得ようと鹿
    皮をかぶり群れに近づき、鹿狩りの猟師に誤射されかかりな
    がらも、これを得て孝をつくしました。

    孔子十哲のひとりで、貧しく暮らす子路(しろ)は自身は粗食しなが
    らも、日々の稼ぎで米を買い求め、遠路をいとわず親に届け
    孝をつくしました。孔子は彼の死を悼みました。

    山仕事をする父親と楊香(ようこう)の前に虎が現れ、今にも親を食らお
    うとする虎の前に躍り出て身代わりになろうとする捨て身の
    孝心に虎も感じ入って、親子は助かります。

    死の病床にあった孟宗(もうそう)の母は、厳寒の冬ではあったが筍を食
    したいと願い、これを適えるために竹林に筍を探すその孝心
    に、天も感じ入り雪中に筍を生じさせました。


    長坂坡(ちょうはんは)に戦う趙雲
    (脇障子の彫刻)
    趙雲は三国志に登場する好漢の一人で、愛馬白龍と涯角槍を
    以って活躍します。劉備が曹操軍と干戈を交える「赤壁の戦」
    に先立つ「長坂坡の戦」で、劉備の子「阿斗」を預かった趙
    雲はこれを守り奮戦し、諸葛孔明をして「蜀の柱石であった」
    と死後も多いに讃えられます。



    趙雲と愛馬白龍。

    このお方が愛馬白龍にのり、
    涯角槍という長い槍を後ろに持つ趙雲、かな?


    分かりやすい説法。
    45:
    雪の中で筍を掘る孟宗の話と、
    父親を守るために捨て身で虎に対峙する、
    楊香の図。

    『孟宗竹』って名称は、
    この話が影響しているらしいや。
    ( ゚Д゚)ノ凸へーぼたん。
    46:
    米俵を担いで届ける子路と、
    鹿の皮をかぶっている剡子の図。


    大黒天と日本武尊社。
    47:
    また本殿を回った道をUターン。
    大黒天の像があった。

    子どもの頃、因幡の白ウサギに出てくる大国主と、
    大黒天が一緒に書かれている本を読んで混乱した。
    で、大黒天と恵比寿も似たような感じで、
    (和風サンタクロース見たい。笑)
    ときどき間違えたりしたっけか。笑

    で、調べてみたら、
    大黒天は大国主と神仏習合に寄ってできた神道の神様だと。
    (^▽^;)

    そういえば、ここ、宝登山神社は、同じ敷地内に、
    玉泉寺という寺社もあり、
    神仏分離後も仲良く宝登山を護っていると言う。

    日本古来の神道は、とてもおおらかな宗教。
    物みな全てに神が宿ると言うような多神教。
    →『八百万(やおろず)の神』って言う位だもんね。

    仏教の様な縛りもないし、
    (→仏教は仏教で良い教えもあるけどね?)
    一度本当にしっかりと勉強をしてみたい。
    48:
    日本武尊社のいわれ

     このお宮には第十二代景行天皇の皇子
    の日本武尊がお祀りされています。東国
    平定の折、この山の神秘な雰囲気と美し
    い姿に心ひかれた尊は、艱難辛苦の末山
    頂に立たれ、この地を神を祀るに相応し
    いところとされ、寶登山神社の礎とされ
    ました。
     尊の恩徳を偲ぶ人々は、尊が登山の際、
    身をお浄めになった泉近くに、このお宮
    を奉斎しました。
     日本武尊社のお祭りは八十八夜(五月二
    日)に行なわれ、尊の登頂の故事に倣い、
    神輿に奉遷された御神霊は奥宮に赴き祭
    典が齋行され、神楽が奉奏されます。こ
    の祭りは別名「つつじ祭り」と呼ばれ、
    秩父地方の農耕始めの目安となっている
    ほか、宝登山の山開きとなる当日の山頂
    は参拝者やハイカーで大いに賑わいます。


    だって。
    しかしそれにしても富士子ちゃん、
    『やまとたけるのみこと』って打つと、
    『日本武尊』って一発変換!
    いや凄いなー。
    (→そのくせ、結構簡単な変換を、
     わざと難しくするんだけど。苦笑。)
    49:
    これがその日本武尊社。
    ひと回り大きな屋根で覆ってある。


    美しい桜並木の参道。

    一通り見学したので、
    今度は駅に戻り石畳を見に行くことにした。

    神社仏閣は、小学校の頃から興味があった分野。
    (→小学校三年か四年の頃、
     夏休みの自由研究で、
     住んでいる区内の神社仏閣に伝わる伝承を調べ上げ、
     先生に特に褒められ、
     研究結果が学校預かりになった嬉しい想い出がある。
     こういう良い記憶がその後に影響するんだよね。
     (〃^ー^〃) )

    信仰から調べるのもいいが、
    建築様式や仏具神具などの形から入るのも楽しいと思う。
    埼玉にはまだまだ沢山の神社仏閣があるから、
    エボすけで訪ねて回るのも楽しそうだ。
    (→ついでに美味しいものも食べる、と。笑)

    走りまわる生活からまたひとつ上のランクへ。
    子育てもそろそろ終了のゲージが見えてきた。

    少しずつ、自分の人生を楽しむ方へと、
    気持を切り替えていきたいな。


    ※ 宝登山神社公式HP


    大きな地図で見る
    ※ Aは入口大鳥居(一の鳥居)。
      ここから桜並木が始まる。
      Bは相生の松の正面20mほど手前の位置。
      (→どうもポイントがこれ以上動かせなかった。)

    関連記事

    Last Modified : -0001-11-30